中国株

12/10/2007

ノスタルジックなアリババ

◇アリババ http://japan.alibaba.com/

上場間近です。http://japan.cnet.com/column/china/story/0,2000055907,20358500,00.htm

日本株系のサイトでは、ソフトバンクが株を保有しているとかで、ソフトバンクの買い材料?とかいう話もでている。

そんなことより。アリババのメールマガジンとっているんですが。

最近の編集後記が妙にノスタルジックなんです。なんだろう?とりあえずメモ。

私 は祖父母が住んでいた村で子供時代を過ごしました。その村は山の中の、人口わずか2、300人の小さい集落です。人々は農業に従事し、町や都市へ出稼ぎに 行く人はあまりいませんでした。私は毎日友達と一緒に山を登ったり、野生の果物や野花を摘み取ったり、庭でままごと遊びをしたりして、楽しく暮らしていま した。夕方、祖母は晩ご飯を作って、私に「玄関に行って、お祖父さんが帰ってきたらすぐ教えてね。」と言いました。祖父はいつもどじょうや蝉を捕まえてき てくれました。私はこれらの小動物を飼育して友達と見せ合いました。

今、都市で生活している私は、時々幸福な子供時代を懐かしく思い出します。最近子供時代を過ごした村に行きました が、昔とはすっかり変わってしまいました。畑で農作業をしている人はあまりいませんでした。村の人の話では、若い人はほとんど町や都市へ出稼ぎに行った り、引っ越した家も多いということでした。

記憶の中の村はもう存在しないとわかって、私はますます昔が懐かしくなりました。(Phoenix)

 

| | Comments (2) | TrackBack (2)

07/10/2007

ミャンマー

ミャンマーは旅行にいったことがあって、いちばんお気に入りだっただけに、今回のデモにはじまる武力鎮圧の一件はかなり気にかかってます。

ミャンマーの資源を巡って、タイやら中国やらロシアやら、たぶんインドやらの思惑が動くから、事態は簡単にいいかないとは思いますが。うやむやかも。資源の高騰で、ミャンマーの立場は強い。

タイ株投資しているタイ株「アジア株」海外投資ロングスティ。というブログによれば、タイのミャンマー関連の株(天然ガス関連)はまったく下げてないらしい。現政権は微動だにしないとみているんでしょう。たぶん。

ニュースではガソリンの値上げが暴動のきっかけとありますが。その前に、ミャンマーの食料も騰がっている。公共料金も上がっている。物価が上昇する中国も人ごとじゃないでしょうね。(このこと、誰かがコメントしていたんだけど、みあたらず)

豪ドル買いと、ユーロ買い、米雇用統計がでる前に利益確定したのですが、そのキャッシュで塩漬けになりかかってる銘柄の現引きでもしようかなとは思ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/10/2007

グリーンスパン:中国がバブルだと言ってた話

今週はあちこちでグリースパンが中国がバブルって言ってたよ、という記事をみた気がする。

新華網のサイトにいってみたらこんな記事があった。グリースパンはバブルと言ってるが、そうじゃないんだと、記者は言ってる。たぶん。

意訳するとこんなかんじ(筆者は中国ができなので例によって適当です。)

グリーンスパンはロンドンの会議上の質疑の一つで「中国A株には明らかにバブルが存在する」と表した。

中国A株は半分閉じた市場で、市場規模も米国市場の5%に及ばない。しかし、意外にも、古くから、A株の市況は、高度な関心を引き起こしている。中国の本当の飛躍がわかり、中国の一挙一動は十分に世界に影響を与えている。

最近、QDIIを通じて、香港株式市場に直通車が動き出した。間近で、大量の「人目を引く」国内資金は南下し、香港株式市場を買った。
市場の一部の人々は国内資金がすでにA株のバブルを香港に持ってきたと同時に、成熟した香港株式市場は、たちまち新興市場になり、直接投資のリスクが増加すると思った。
そのため、中央は、国内の株投資家を避けて、再び2001年B株の開放時の痛ましい教訓を振り返り、直通車はしばらく放置された。

筆者はH株のバブルについて賛成しない。現在のH株投資には良い材料が多い。
筆者の理解によると、国内の投資家は決して盲目ではなく、少しも投資リスクを心配しない。

現在、国内の投資家は成熟に向かっている。投資前に多くの研究をする。
それ以外に、彼らは、国情に対する理解をもつため、その業界と一部の株券に対する判断は、外の投資家ほど悪くない。
(略)
http://www.finet.hk/mainsite/index.htm

サーチナの記事も読んでみる

グリーンスパン氏:「中国株式市場はバブルの定義」 2007/10/03(水) 14:04:04更新  

米連邦準備制度理事会(FRB)のグリーンスパン前議長は1日、ロンドン市内での講演で、「中国の株式市場はあらゆる方面からみてバブルの特徴を備えている。バブルの定義を求めたいなら、これがそうだ」と述べた。3日付で新浪網が伝えた。   

新興市場の株式市場が次の資産バブル崩壊に成り得るかとの質問に対しては、「投資家の市場離れが進んでいる」と答えた。

ついでにロイターhttp://jp.reuters.com/article/stocksNews/idJPnJT803955120071001

[ロンドン 1日 ロイター] グリーンスパン前米連邦準備理事会(FRB)議長は1日、中国の株式市場にはバブルの特徴がある、との見方を示した。

 グリーンスパン前議長は当地での質疑応答で、上海市場について「バブルの定義を知りたいのであれば、これがそうだ」と語った。

しかし、英語版のロイターの記事には Shanghai のshaの字もなくて、たぶんアメリカのサブプライムローンのことしか書いてない。

ぐぐったらダウジョーンズの記事があった。

Continue reading "グリーンスパン:中国がバブルだと言ってた話"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/10/2007

郭ちゃん、株で儲けてる模様

先日、上京した仕事関係のKさんとお会いして、郭ちゃんの株の話になった。郭ちゃんは某日本企業に勤めている共通の知り合い、天津生まれの中国人である。

「5倍くらいの信用取引をはじめて、儲けてるみたいやで。」

どのくらい儲かってるんですかね。

「春から3割くらいらしいなあ」

3割といえどもレバレッジ5倍なら・・・3倍くらいになってるかも・・・。

A株を買ってるんだと思うんだけど。

春までには売りたいらしい。

みんながみんな信用めいっぱいなら調整するときは大きく下げるか・・・。

最近の取引。

Continue reading "郭ちゃん、株で儲けてる模様"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

27/08/2007

中国株が爆騰しているので

中国株が爆騰している。ので、ひさびさにエントリー。

どう考えてもA/H価格差に注目しての買いですね。

大唐発電もすごいけど、それより・・・チャルコとか無茶苦茶な上げ方ですからね。私は金曜日にH株2828.hkを買ったので6.6%と地味な上昇でした。

H株が上がるというのは全然まちがってなかったんだけど。

こういうときは素直に上げ潮に乗るほうがいいんでしょうね。明日、なにか買ってみます。

↓WEBから拾ってきたA/H価格の対象表です。上位銘柄が上がりまくりましたね~。

Continue reading "中国株が爆騰しているので"

| | Comments (0) | TrackBack (4)

23/04/2007

浙江ガラスが

浙江ガラス、浙江玻璃股份有限公司 (0739.HK)があっというまに爆騰している。

しかし、騰がりすぎだろう。19日は56.25%上昇とか。あまりのことに売るタイミングがわからないが、とにかくホールドしていて良かったです。

[智珠] 浙江玻璃 (0739) 現報4.75港元,升幅達 56.25% 4月 19日 星期四 15:58 更新

久しぶりに画像を貼っておきます。Z

Continue reading "浙江ガラスが"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

20/01/2007

メモ 

楽天証券でここ最近(といっても私が最近気が付いたんだけど)に追加されていた銘柄のメモ。興味のあった銘柄だけ。

ETFに興味ありです。ユナイテッドワールド証券でも取り扱ってるはずですが。FTSE/Xinhua・A50あたりは押し目を狙って買いたいなあ。インドのも興味あり。

  • 2836 iシェアーズ・BSE・センセックス・インディア・トラッカー ISHARES BSE SENSEX INDIA TRACKER
  • 2801 iシェアーズ・MSCI・チャイナ・トラッカー iShares MSCI CHINA TRACKER
  • 2823 iシェアーズ・FTSE/Xinhua・A50・チャイナ・トラッカー iShares FTSE/Xinhua A50 CHINA TRACKER http://www.ishares.com.hk/pdf/cms/A50Factsheet061229E.pdf

http://www.ishares.com.hk/

米国株ではマカオ関連が追加されてました。

  • MPEL  MELCO PBL ENTERTAINMENT-ADR   NASDAQ GM   HONG KONG
  • WYNN  WYNN RESORTS LTD            NASDAQ GS   USA

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/01/2007

GUANGSHEN RAIL

0525.HK GUANGSHEN RAILを売り。140%の利益でした。

B株が爆騰してます。保有株がのきなみ9%付近の上げ。

人民元が上昇、初めて香港ドルの通貨価値を上回る

というニュースがきっかけでしょうか?

上昇の原因はこれみたいです。

■[市況]概況=中国B株大引け 大幅続伸 上海は7%以上上昇■

上海(XFN-ASIA) 11日の中国本土B株市場は、B株改革が春節(旧正月)明けにも実施されると伝えられたことが好材料視され、大幅続伸した。上海B株は前引けでは02年1月31日以来初めてストップ高となった。しかし、上海総合指数の大幅反落および中国証券監督管理委員会(証監督会)の責任者が上記情報を否定したことを受け、B株両指数は後場に入って上昇幅が大きく縮小した。個別銘柄はほぼ全面高、出来高は大幅に拡大した。

 双日を信用返済売り。ダイエーを売って、買い戻しての10円くらい抜く。あいかわらず再生銘柄をいじってます。プラス7000円くらいか。

ミニ株。ビーピー・カストロール20株買い。田中化学研究所10株買い。パーク24を10株買い。投信AP21を8万円分売り。

J-RIETの売りタイミングがわからない。利上げ前だから、そろそろ?去年もそういう話でしたが、結局HOLDで正解だったしなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

08/01/2007

CHINA MER

0144.HK CHINA MER HOLDを手仕舞い。結局、8%くらいしか取れなかった。効率悪いしなんか天井付けた感じなので売ったのでした。キャッシュを増やして、中国株の押し目を狙う予定です。

ウオッチしていた0019.HKSWIRE PACIFIC Aが騰がっている。保有株のCHINA AIRは下げ。

あと、以前、売買したのでウオッチしているのだけど、リクルートや天津天連の2GEM銘柄が揃って暴落している。イヤな雰囲気です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

29/10/2006

工商銀行

先週のビッグイベントはやはり工商銀行の上場でした。私も欲しくなってきました。

で。上海日報の記事。英語は苦手なんですが、ちょっと購買欲減退する記事。(私が誤読してなければ)

下記の引用記事の太字部分を翻訳ソフトにかけると

立派なリターンはおそらく新鮮なサポートを本土金融機関の外国人投資家による必死の投資ばか騒ぎに与えるでしょうが、さらなる進歩は、より多くの忍耐を必要とするかもしれません、とアナリストは言いました。 

ということらしい。このIPOでみんな儲かったし、不良債権処理のマイナス穴埋めも完了。みたいなことも書いてありますね。

もうちょっと様子見したほうがいいのか?やはり、中国を代表する株には違いないから、買いなのか?悩むところです。

ICBC debut pays dividends for bank's stakeholders
Leo Zhang
2006-10-28
CHINA'S government agencies and overseas banks saw the value of their stakes in the mainland's largest bank jump by more than US$80 billion after the lender went public yesterday.

The handsome returns will likely give fresh support to a frantic investment spree by foreign investors in mainland financial institutions but further strides might need more patience, analysts said.

Hong Kong-traded stock of Industrial & Commercial Bank of China closed up 14.7 percent yesterday at HK$3.52 (45 US cents), making its two biggest state investors own shares valued at US$107.2 billion.

The amount compared with 248 billion yuan (US$31.4 billion) Central Huijin Investment Co and the Ministry of Finance paid for control of the bank last October when it was revamped into a shareholding venture.

Before the trading, the duo, which collectively holds 72.4 percent of ICBC, had already charted a profit of 11 billion yuan by selling 10.4 billion of their shares to the public.

"The bank's listing has rewarded state shareholders with hefty gains," said Wu Ke, a Zhongtian Investment Consulting Co analyst.

"But the profits were justified as the government has spent billions of yuan to bail out the lender and wipe off its bad debt."

The central government has dished out a one-time bailout of US$15 billion to ICBC, written off its bad assets of 246 billion yuan and helped it dispose of bad loans of 459 billion yuan, according to industry data.

Elsewhere, Goldman Sachs Group Inc, Allianz AG and American Express Co, which in May paid a collective US$3.78 billion for 8.89 percent of ICBC, logged a gain of US$4.73 billion in their stock face value.

Goldman, which holds less than six percent, had the value of its holding propped up to US$5.81 billion based on yesterday's close, compared with its investment of US$2.58 billion.

Allianz gained US$1.25 billion in stake value in ICBC while American Express saw a rise of US$250 million.

The mainland's social-security fund, which bought a 4.99 percent stake the bank for 18.03 billion yuan in June, saw the value of its holdings boosted to HK$50.4 billion.

Five mainland banks, including ICBC, the second-ranked Bank of China and the third biggest China Construction Bank, have listed shares in Hong Kong in the past two years.

The central government expects public listings can equip the once-shaky lenders with overseas expertise and help them reap much-needed capital to expand as the sector is set to be fully opened to foreign rivals by the year's end.

Lenders' strong stock performance has not only benefited government investors with rosy returns but also continued to spur overseas interest to tap the mainland's financial sector.

But as most of the biggest lenders have already taken on foreigners as strategic investors, few chances were left for deals with huge potential profits as the nation still limits overseas involvement in the capital market.

"It has been proved that investing in banks was right for overseas financial firms seeking to expand in the mainland," said Wu Zhiguo, a Guohai Securities Co analyst.

"For those failing to seize the banking chance, grabbing a slice of the securities industry is one they can't afford to miss although the way seems tougher."

| | Comments (2) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧