覚え書き

31/08/2006

メモ 參見禁食肉品 (猫好きの人は読まないでください)

メモです。広東人は、冬の季節には、毎日、猫を1万匹消費する(食べる)って本当でしょうか。まあ。ウィキペディアですからね。話半分にしておきましょう。広州の市場で檻にはいった猫をみたことはたしかにありますが。(写真を撮ろうとすると店の人に怒られました。センシティブな問題ではあるのでしょう。禁食肉品なんだからかな。)

中国語版ウィキ(維基)にオーストラリア原住民が食べるという記述ありです。この話は初めて知りました。

ヨーロッパからオーストラリア大陸にやってきた猫。猫の天敵はそこにはいなかった。猫が小型有袋類を捕獲しまくったのが原因で、小動物は減少した。そこで原住民は猫を捕まえて食べることにした。

という話なんでしょうか。(すごく適当な意訳です)

參見禁食肉品。
除了危急時刻,貓很少被取食。
也有部分亞洲人會直接食用貓的,以中國東南地區居多。
廣東著名的“龍虎鬥”就是以貓和蛇為原料製作的。
絶大多數的中國人是不吃貓的,但根據相關資料,冬令進補期間,廣東人毎天要吃一萬隻貓
澳大利亞的部分原住民也把貓作為他們的食物。
數百年前,貓隨著歐洲航海家來到澳大利亞,並在當地定居繁衍。
因為澳洲特殊的自然生態,貓在這裡幾乎沒有任何天敵。
而對於本地的動物,特別是小型有袋類動物來説,貓是可怕的掠食者。
本地物種數量的急劇減少,使得澳洲的原住民無法捕捉足夠的本地動物。
於是原住民把目光投向了新來的貓。
從此,貓代替本地動物,成為原住民餐桌上的主要食物
大自然的自我調節在這裡發揮了它的功效,貓融入了本地的生物鏈,成為了其中的一環。

維基百科より。(ボールドは筆者)

Continue reading "メモ 參見禁食肉品 (猫好きの人は読まないでください)"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

09/10/2004

読んだ本 おぼえがき 10月

図書室の海
恩田陸〔著〕
恩田陸の本を既に何冊も読んでいるファンにとってはすごく楽しめる短編集だった。


キマイラの新しい城(講談社ノベルス)
殊能将之著

傑作だと思います。


φは壊れたね(講談社ノベルス)
森博嗣著

ひさびさのM&Sシリーズだけど犀川先生も西之園萌もあまりでてこない。いつもの森博嗣的世界はあるけど、まあちょっと薄味。

彼女は存在しない(幻冬舎文庫)
浦賀和宏〔著〕
もともと、安藤直樹シリーズ(あまり評価されていないのが寂しい)のファンです。シリーズものではないのでしばらく積んであったのを、久々に手に取った。多重人格もののミステリ。ラストでおおっつ、と思い、どっかインチキしてないか、一生懸命後戻りして探してしまいました。


風樹の剣(新潮文庫)
北方謙三著

日向景一郎シリーズ3冊をブックオフで見つけて読む。主人公が成長していく第一巻の風樹の剣が一番面白い。


中国ニセモノ商品(中公新書ラクレ 138)
馬場錬成著
中国関連なので読みました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/10/2004

読んだ本 おぼえがき 9月

9月は本を買うだけでほとんと読まなかったなあ。


食の堕落と日本人(小学館文庫)
小泉 武夫

日本の食の現状に対する小言ばかりで面白くなかった。

獅子の門 白虎編(カッパ・ノベルス)
夢枕獏著
最新刊、第5弾。面白いが、刊行のインターバルが長い、長すぎる。第一弾がでたのいつだっけ。
寄り道して考える(PHP文庫)
養老孟司著・森毅著
たとえば、親族殺人が起こると、「親子であるのに親を殺すなんて」という言われ方をします。しかし僕は反対だと思うのです。かなり腹がたっても隣のおじさんは殺しづらい。自分の親の方が距離が違い分、殺しやすいと思うのです。
と森氏が言っていてなるほどと思う。

これくらい、あと毎日、寝る前に少しづつ
完訳フロイス日本史 1を読んでいた。

完訳フロイス日本史 1 織田信長篇(中公文庫)
ルイス・フロイス著・松田毅一訳・川崎桃太訳

布教の許可を得るために司祭があちこちたらい回しされるのが面白いけど、あとは布教活動の苦難が延々と・・・。全12巻なので、まだまるまる11巻残ってる。いつ読み終わるんだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/08/2004

読んだ本 おぼえがき 8月

8/7読了

木曜組曲(徳間文庫)
恩田陸著

8/8読了
豹頭王の行方(ハヤカワ文庫 JA 765)
栗本薫著

 8/7読了
人民元・ドル・円(岩波新書 新赤版 899)
田村秀男著

8/9読了
バルーン・タウンの手品師(創元推理文庫)
松尾由美著

8/10読了
黄昏の百合の骨(Mephisto club)
恩田陸著

8/11読了
呪禁捜査官(祥伝社文庫)
牧野修著

8/11読了
演技と演出(講談社現代新書 1723)
平田オリザ著

8/12 読了
禁じられた楽園
恩田陸著

8/15 読了
タテ読みヨコ読み世界時評(日経ビジネス人文庫)
谷口智彦著

8/22 読了
揺籃の星 上(創元SF文庫)
ジェイムズ・P.ホーガン著・内田昌之訳

| | Comments (0) | TrackBack (0)

みた映画 おぼえがき 8月

マッハ!  タイのムエタイアクション映画 トゥクトゥクのカーチェイスが笑える。
ドット ジ アイ ひねった感じのミステリ。
カーサ・エスペランサ 赤ちゃんたちの家

DVD 
ダブル・ビジョン

| | Comments (0) | TrackBack (0)