« tháng 5 năm 2019 | Main

17/06/2019

ベトナムのスタバ・グラブフードSNS投稿大炎上について。(追記アリ)

ひさけん氏がTwitterでつぶやいて。ベトナム人を巻き込んで大炎上した事件。

Ceonhatban_bzlh

画像はThanh Niem誌の記事から孫引用。

一から説明するのは面倒だし多角的にみてもらうために、ベトナム在住者YAMAGUCHI君のブログのURL張っておきます。

(紹介してるtogetterまとめはあまりも不完全だと個人的には思いますが。)

スタバグラブ事件から学ぶSNSの恐ろしい拡散力

 

kenh14の記事

CEO Nhật gây tranh cãi khi đăng đàn chê shipper ...

 http://archive.is/8GPDr(記事アーカイブ)

以下Thanh Nienの記事

hê 'tài xế Grab bộ dạng bẩn bẩn lui tới Starbucks', CEO người Nhật bị 'ném đá'

http://archive.is/QBoYA(記事アーカイブ)

問題とされたのは、グラブフードドライバーを「小汚い恰好」と描写したことです。そして、そのドライバーの顔を晒したことでしょう。


ThanhNien誌記事(その他3か所ほど同様の記事あり)のベトナム語訳では「小汚い」を「bẩn bẩn」と翻訳しています。

bẩn は「不潔な、汚い」を意味するベトナム語です。「bẩn bẩn」と二つ並べるののは口語的な表現でしょうか。

受け取るニュアンスはこうでしょう。

 

画像をあげて”不潔なドライバーがいるぞ”と書き込んだ日本人CEOがいる。

 

これはひどい!!バカにするなとベトナム人が反応したわけです。

 

ちなみ、一方的な非難だけではなく、別な意見も載せるなど冷静な(配慮した)記事を書いているTuoi Treは「小汚い」は「 hơi bẩn」と訳してます。「 hơi 」は「少し」という意味です。

最初に出回ったベトナム語訳には少々煽りが入っていたのかもしれません。

以下 Tuoi Tre記事。

Giám đốc người Nhật tại Việt Nam miệt thị 'tài xế Grab vào Starbucks'? 

http://archive.is/dmFjy  記事アーカイブ

 

ここで、この話題のコンテキストを理解するために。

 1 グラブフードとは

いわゆるデリバリーフードサービスなのですが、近年大成長。

ベトナムのホーチミン市は雨季にはいっていて突然の豪雨があります。雨が降らなくても、出歩いてはいけないほどの日差しの日もある、そこでスマホで自宅やオフィスから飲み物等を頼む、これは快適です。飲食店側からしても天候に左右される来店者とは別ですから大歓迎でしょう。

 下記はデリバリーフードサービス市場拡大というニュース(ベトナム語)

Thị trường giao nhận thức ăn tại Việt Nam: ...

ちなみにこの記事によれば従事者は19万人以上。日本人CEOのひさけんさんは19万人以上に喧嘩を売ってしまったというわけです。

 

こんなニュース(英語)もありました。ライディングアプリの競争が激化しているという記事ですが。

Easy come, easy go: Ride-hailing apps ‘vanish’ from once-crowded Vietnamese market 

こういう象徴的な画像が掲載されています。

注文を受けて配達するためにカフェで列を作るデリバリードライバーたちです。

Qdgrabfood153readonly1555601293242155173

(画像 Grab and Go-Viet’s food delivery drivers queue to buy drinks at a store in Ho Chi Minh City. Photo: Quang Dinh / Tuoi Tre)

最近はTwitterでも、よくいくお店のレジがデリバリーのドライバーで混んでいるとの嘆きがつぶやかれてました。

もちろん、現在は一般客とカウンターを分ける、ドライバーの待機所をつくる等、各店も対策をうっていると思います。

 

ここまで、読まれた方はなんとなくわかっていただけたと思いますが、
日本人CEOのひさけんさんは「スタバはまだ対策してないの?」と(ごく狭いtwitter界隈)世論にのって言ってみたかっただけの可能性もあるわけです。

しかし、うっかり本音が出たと?

 

 2 ベトナムのスターバックスはベトナムでは高級店なのか?

 スタバってそんなに高級?というコメントが流れてました。

 みなさんご存じと思いますが、外資の飲食店が新興国に進出する際には差別化のために、高級感を打ち出すことがあります。スターバックスもこれ。ベトナム1号店オープン時にはお金持ちが押し寄せ、その場所はランドマークになりました。

 参考 ベトナム生活観光情報ナビ 本日(2月1日)オープン!ホーチミンのスターバックスに行ってきました。

具体的な金額をみてみましょう。飲食店紹介サイトFoodeyによれば

 スターバックス

  予算 50000~200000VND (約250円から1000円)

 ハイランズコーヒー (地場のコーヒーチェーン。カフェ売り上げ一位。)

  予算 9000~60000VND(約45円~300円)

 

スターバックスはハイランズコーヒーと比べれば随分高級店なことがわかると思います。

そのハイランズコーヒーも小さな個人経営カフェにくらべればベトナムコーヒー一杯が倍近い価格になります。最低予算9000は多分ペットボトルに入った水の価格です。

ちなみにベトナムでの飲食店店員の時給は一般的に20000VND(約100円)。グラブフードのデリバリー手数料は15000VND(運転手の取り分は1万くらい??)~。

日本人CEOひさけんさんの頭の中に、ベトナム庶民はちょっと(予算的に)入りづらい高級店スターバックスに来ているという意識があったに違いありません。

もちろん、ベトナムでも普通の日本人レベルの消費をする人はぜんぜん珍しくありませんが、グラブフードドライバーの人にとってはやはり高い。(冴えない風体で実はお金持ちというのもベトナムあるあるなので断定はできません。市場の物売りのおばちゃんが大金持ちなんて普通です。)

コンテクスト説明長い!!

 

追記 この件に関してバックパッカーズノートさんから、とても参考になるブログ記事がでました。

  ベトナム人にとってスタバは大衆店?

 

炎上経緯について

1 Twitterで該当発言→ベトナム在住者は私を含め*1、わりとスルー。ひさけん氏にブロックされていた人も多かった模様。いかがなものかという反論もあり。じわじわ炎上。

 

問題となったツイートですが、ぱっと見は「また、良くない発言しているな」と
思ったぐらいで、特に言及するほどのレベルではありませんでした。(yamaguchi君のVietnamPhotoBlog より)

 

2 英訳してTwitterでニュースメディアTuoi Treにメンション飛ばす人が登場。(いつもそういう煽りをする人らしいが)

3 フェイスブックのベトナムコミュニティに投稿される→炎上、Twitterでも話題に。

4 ベトナム語の翻訳記事でる。割と煽り気味の記事。→Facebook大炎上。拡散。

5 ベトナム語ニュースサイトTuoi Treで記事に。両論併記の冷静な(配慮された)記事

4、5 あたりでベトナム人と接点のある日本人が職場や家庭で話題にされる。おそらく読んでるのは4でしょう。

6 Facebook大炎上止まず、Twitterでもベトナム在住でない一般日本人が話題にすることが増える。

7 New! 日本のテレビで取り上げられる

 

発言に問題があったとしても、これは意図的に炎上させられたんだ。という意見があります。通常なら1のTwitter炎上で
終わったはずだと。

ひさけんさん本人がTwitterでカギをかけただけで何のリアクションもしなかったのが大きいと思われますが、、、

 

このテーマ まだまだ、終わらない。たぶん。続く。

 

 

追記

*1 私がスルーしたのか理由を何故書いてないのか?という指摘があったので追記しておきます。

理由。

Twitterで絡むのがめんどくさいから。そして、ひさけん氏は特に興味のある発言をする人ではなかったから。

ブロックしあうまでもなく、まあお互い好きにしましょうということです。興味なければスルーです。

今回の炎上現象は興味がでたから書いているわけです。

最近のベトナム在住者周りは、ほんとTwitterで絡むのめんどくさい。変な人多すぎだし。めんどくさい人については、ひとつ前の過去記事を参照していただければ幸いです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

|

« tháng 5 năm 2019 | Main