« 日本のKindle本を海外から買う方法。有料本5冊制限突破!!更なる情報求む。 | Main | DU LICH BA LO!! ベトナム 旅の旅その又旅の高原の風 (その6 バンメトートからラック湖へ) »

09/01/2013

DU LICH BA LO!! コントゥムから一気にバンメトートへ!?ベトナムでのバス移動の方法。(その5 バンメトート)

朝7時過ぎに宿をチェックアウトして、コントゥム(Kon Tum)の街を観光。
夜はすることがないので、自然と朝が早くなります。

Pho(この地方でPhoといえば南部で言うフーティユです。)で腹ごしらえ。2万5千ドン。

木造教会。
201212040004


少数民族BANAの集会所。
201212040008


街は小さくて、ずんずん歩いていくと、BANA族の村に突入し、こんな風景に。
201212040011

10時過ぎにあらかたの観光終了。

旅行会社のkon tum Tourisに少数民族の村訪問などをアレンジしてもらうことも
可能のようなのだが、ツアーはなく完全に手配旅行っぽい、一人では割高でしょう。

さあ、次の街へ。

途中でプレイクの街を観光してからバンメトートまで行って一泊か。
プレイクが居心地よかったら、プレイクに一泊もあり。

というわけで、
kon tum Tourist前にたむろしているバイクタクシーに
長距離バスターミナルまで行ってと指示。

市場周辺の路上物売りはおなじみの光景。
201212040033

5分ほど走って、私がプレイクに行きたいと話したら、バイクが急にUターン。
乗り場は長距離バスターミナルではないらしい。
kon tum Tourist前から、歩いても5分かからない場所に、
プレイク(GIA LAM)行きの公共バスが停まっていた。
ちょっとした空き地で表示も何もないから、これはわからないよ。

プレイクまで公共バスが2万2000ドン。安い。
バイタクには結局、2万ドン払った。高い!
kon tum Touristで事前に聞けばよかったorz.

公共バス移動で1時間少々。

携帯のMapみてたら、ガイドブックにものってる湖( Bien Ho)の近くをバスが走っていたので、
プレイクの市内手前(7キロ)で途中下車。

降りてつまらない場所だったら、次にくるバスに乗ればいいんだし、気楽なものです。
近くにタクシーがいたのでタクシーで湖へ。メーターで4万ドンちょい。

ぜんぜん、観光地化されていない静かな素朴な湖でした。
展望台は工事中。つまり、なにもないともいう。

帰路は徒歩で戻る。
途中の路肩のあちこちににコーヒー豆が干してある。
おおっコーヒー産地のバンメートートに近づいてきたなあ。
もう、プレイク寄らずに一気にバンメトート行っちゃおうか・・。
(ラオスVISAでも取ってあればプレイクからラオスのアッタプーに抜けてしまうコースもありなんだが)

庭先に干されているコーヒー豆(バンメトートにて)
201212050056


プレイク行きバスを待ってると
10分もしないうちにコントゥム方面からの車がスピードを落として止まり、
「BUON MA THUOT!!」声がかかる。
迷わず乗る。
プレイクは完無視でスルー決定。

道路脇でしゃがんで目的のバスを待つというのがベトナム国内移動の通常らしい。
いちいちバスターミナルに向かわない。
もう私、ベトナム中部高原地方のバス移動は完璧にマスターですわ。

ホーチミン市でもメコンデルタに向かう1A線沿いの道路に立ってると、
「SOC TRANG!SOC TRANG!」などと行き先を叫ぶ車がスピードを落として通りかかるものね。
私が日頃から大きな荷物をもって歩いてるせいもあるけど。
同じシステム。

北部だとぼったくられ率が高いと思うが、
ここ中部高原地方ではぼったくられてる感はない。
ないと思う。
というわけで、中部高原はバスターミナルは無視して幹線道路でバスを拾おう。
おススメである。
(ロンリープラネットだとバイク移動推奨みたいなんですけどね。)

ラオスは長距離路線のバスはほぼ午前便のみなので、
街から街へが移動しづらいんだけど、ベトナムは頻繁にミニバスが走っているのでほんと便利。

で、話をもどして、バンメトート行きに乗ったはいいが、まだ私以外に乗客がいない。
つまり、この車はこれから、あちこち回って、お客を集めるわけだ。

小一時間は客を拾うために街をぐるぐるする。携帯で連絡を受けて乗客を乗せに行く。
頼まれていた買い物を顧客に届けるなど、他にも副業をやってるらしく、
突然寄ってきたバイクとお金を受け渡したりと、なかなか忙しい模様。

とにかく、なかなか街を出発しない。
うんざりしかけるが、問題は走り出してからだった。

20121204_121513

市街を抜けたら、ブブゼラの親戚みたいなクラクション鳴らしながら猛スピードで
国道14号線を爆走する。トラックや乗用車を追い抜きまくる。

しかも、先行のバンメトート行きの同じような車(ミニバス)を追い抜くと運転手は歓声をあげるのだ。
ぎりぎりまで客を拾って、あとで先行ミニバスを追い抜いて、運行時間の辻褄を合わせるという戦略をとっているらしい。
「俺はデキル運転手だぜ」と彼のアドレナリンが叫んでるようだ←若干意味不明

スピードメーターを覗き込むと時速100kmは当たり前。(メータが正しいとしてだけど。)
道路状況を把握しているらしく、路面がラフだときちんと減速している模様だが。
でも、いつかは事故るな。これは怖い・・・・・。

リスクを負って?とばした甲斐があり、暗くなる前にバンメトートに到着。
ほっとして今夜の宿を探しに街中へ向かうのでありました。

ランキング参加中。クリックお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村


|

« 日本のKindle本を海外から買う方法。有料本5冊制限突破!!更なる情報求む。 | Main | DU LICH BA LO!! ベトナム 旅の旅その又旅の高原の風 (その6 バンメトートからラック湖へ) »

ベトナム関連」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44165/56498356

Listed below are links to weblogs that reference DU LICH BA LO!! コントゥムから一気にバンメトートへ!?ベトナムでのバス移動の方法。(その5 バンメトート) :

« 日本のKindle本を海外から買う方法。有料本5冊制限突破!!更なる情報求む。 | Main | DU LICH BA LO!! ベトナム 旅の旅その又旅の高原の風 (その6 バンメトートからラック湖へ) »