« tháng mười một 2012 | Main | tháng một 2013 »

17/12/2012

DU LICH BA LO!! 気まぐれバックパッカーはダナン滞在2時間!旅行中の水の値段は?(その4 ベトナム コントゥム)

笑えるネタが少ないぞ!!とサイゴンお笑いブログ業界の重鎮からおしかりwの声が届いておりますが、
今回は正しい旅行記を目指しておりますので、そこのところをよろしく。
重鎮のブログ→よく死によく落ちよく迷う

ということで、旅行者必携のミネラルウォーターの話。
暑いベトナム。通常より汗をかいているから、脱水症状になったら目もあてられませんので、
飲む。買う。飲む。買う。
しかし、なかなか、適正な値段で売ってくれない。
ブランドは無視しますが、まあ500mlで3000~4000ドンか。
スーパーで買うと、最安値ブランドで3000ドン台かな。

今回の旅行の実例。

PHONG NHA 雑貨屋 言い値 1万ドン。買わず。
PHONG NHA 雑貨屋 5000ドン。買う
ダナン バスターミナル 7000ドン。買う。
プレイク 雑貨屋 2000ドン。ただしおつりがないからと1万ドンだしたら飴二つと7000ドンきた。
      スーパーか!!!(ベトナムのローカルスーパーでよくあります。)
ラック湖 雑貨屋 3000ドン。言い値4000ドンでちょっと高いよ。といったら3000ドンに


そして、本題。フエからダナンの列車の車内風景。

20121203_080503

弁当の注文取りに来たり、ヨーグルト売りが来たり、飲み物売りが来たりします。

レトロな車内なのにLGの液晶テレビが番組流してて変な近未来感が。
このあたりは日本の家電企業だめだめですよね。
大型バスはSamsungの液晶テレビばかりだし。
ちなみに列車の各座席にオムロンの器具の宣伝はってありました。

そういや、10年くらい前にもこの路線にのって、
ランコービーチ綺麗だなあ。泊まりたいなあ。と思ったのを思い出しまたよ。
また、素通りかい。列車なので仕方ないけど。


20121203_102959
ダナン駅、無事に到着。

ダナン駅をでると、バイタクからホイアンまでいくよ~と声がかかるが無視。

駅から離れて大通りへでてバイタクを探す。
向こうから英語で声をかけてくるバイタクには乗らないのです。

ダナンの駅から長距離バスターミナルまではバイタクで3万ドンを2万5千に値切る。
結構な郊外だったので、3万でもまあ妥当なのかも。

そしてこれが↓コントゥムまで行く車。30分ほどで出発とのこと。
結局ダナン滞在は2時間もなかった。

20121203_111623

この車。16人乗りだと思うけど、最終的に27人乗った・・・・。
5人×5列+荷物置きに2人。

デフォ:車の定員16人(●は運転手、○が客)


●○○
○○○
○○○
俺○○
○○○○
荷物

商売上は最低でもこれくらい(20人)は乗せたいだろうなあ。

●○○○
○○○○
○○○○
俺○○○
○○○○
荷物

最終的に27人(●は運転手、○が客)

○●○○○
○○○○○
○○○○○
俺○○○○
○○○○○
荷○物○


この状態で6時間ちょい・・・・・。
一度、休憩挟んだけど・・・・。

6時過ぎにコントゥムについたら、日はとっぷりくれていました。

MAPでメボシをつけて、ホテルの多そうなBA TRIEU通りで降ろしてもらう。

BA TRIEU通りのQuan 90 chao pho。2万5千ドン。
20121203_180359
CHAO GA(鶏肉入りおかゆ)で一息ついてホテル探しへ。あっさり発見。
HUU NGHIホテルは21万ドン(約10ドル)の割りに広い・綺麗ですごくいいホテル。
但し、フロントは英語できるかどうかは不明。ベトナム語でしか話してません。

夜のコントゥム。こんな看板発見。

20121203_192322
共産国ですな~~~。
マルクス・レーニンかしらん?

少数民族の地域だからこそ、
教育的配慮でこうなるのかなあ。
北部だとこんな感じか??

翌朝。HUU NGHIホテルをチェックアウトしたら22万ドン。

あれ、飲んだミネラルウォーター500mlが1万ドンだったのかしらん。

やられた!!普通は水は無料だろw
旅行中の水、最高値来ました。


応援クリックよろしく。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

| | TrackBack (0)

15/12/2012

DU LICH BA LO!! 気まぐれバックパッカーに必要なのはグーグルマップなのか!(その3 ベトナム フエ)

どうも旅行記はアクセス数が伸びない。

やはりタイトルを「ぶらりぼられ旅」(よく死によく落ちよく迷うの@Bleemさん案)・・・・・にはしません。

ベトナムをバス旅行するってマイナーすぎ?
「ベトナムはぼられる」のイメージが強くて、個人旅行派には人気がいまいちなのはたしかだ。
が、ベトナム人の富裕層も増えたし10年前よりは外国人をターゲットにぼることは減ったと思うけどね。観光地では金持ちベトナム人もぼられてるから。

で。話し戻して、アクセス数が悪いのでアクセス対策としてタイトルに”グーグルマップ”と入れてみた。せこい。

実際、長距離バスに乗ってると、今、自分がどこにいるのかがわかるスマホのMAPは必須。
観光地のそばを走ってるなと思ったら、そこで降りることもできる。
ローカルバスは観光スポット関係ないからね。
払ってしまったその先までの運賃はもったいないけど。

再び乗るときは、降りた幹線沿いに座っていれば、声がかかるから無問題。

あと、宿探しの時に変な方向に歩いていくことも防げるしね。

*注1 ただし、スマホはひったくりに狙われる可能性があるので要注意。
旅行中もカバンに仕舞っとけって言われました。使ってたの偽物GALAXYもどきなんですが・・・・・。
その後はGALAXY MINIを愛用。

*注2 携帯電話のSIMはViettelとmobifoeの両方を使ってたけど、mobifoeのGPSはまったく使い物になりませんでしたので、Viettelをお勧めします。

*注3 あんまり信用しすぎると

アップル地図、オーストラリアで遭難続々

 オーストラリア南東部で最近、誤表示の頻発が問題となっている米アップルの地図ソフトを頼りに車を運転していた人が、過酷な乾燥地帯が広がる国立公園に迷い込んで立ち往生する遭難事故が相次いだ。地元警察は12日までに「命に関わる事態になりかねない」として使用を控えるよう呼びかけた。

そういえば、西チベットのガイドブックに”必ずGPSもってけっ”て書いてあった記憶。今はスマホで代用できるんだろうか・・・・。マップまちがってたら死ぬな。

本題。
フォンニャ2泊してダナンへ。

Phong Nha(フォンニャ)からDong Hoiまでローカルバスで6万ドン。朝8時発。
Dong Hoiで乗り換えてダナンまで向かう。

(宿のオヤジが、旅行センターでダナンまで10万ドンで便があるよ。と言ったのだが、チケット窓口で訊いてみるがないという。
オン・シーズンだけなのかもしれない。みつけられないだけで、何かの便に便乗とかかもしれない。
ベトナムの口コミ情報はまったくよくわからん。)

出発のまえに
道路沿いのQuán Sáng Vững Huế - Bún Bò Huếで朝ごはん。
英語を話す西洋人顔の女の子(ハーフ?)がいるレストラン(ローカル食堂)。
レンタルバイクや各種ツアーも扱っている店。

20121202_070158

ローカルバスは整備されたホーチミン道路を通らずにローカルの町を抜けていく。
風景はなんかラオスっぽい。ラオスに失礼なのかベトナムに失礼なのかはわからないが。

1号線沿いで降ろしてもらいダナン行きのバスを捕まえろ。とPhong Nhaのバイタクの運転手が言ってはいたのだが、そのままDong Hoiへ。

Dong Hoi着。バスを降りて、寄ってきたバイタクにダナンに行きたい旨を告げる。

(バスターミナルまで)「2万ドン」という。
1万で行くだろ?というと。
「それなら、近くの別の場所に行こう。」
ということで近くのバス発着場に。
(2万コースは今来た国道まで戻るんだろう。無駄すぎ。)

街中のバスターミナルにはバスが少ない。
ダナン行きと表示した車はあるが、運転手も客も誰もいない。
窓口で価格を聞くとダナンまで12万ドン。

幸いなことに、フエ行きの車がすぐ出るという。
方向が同じだし乗っちゃえ!!
ということでこれが10万ドン。

フエ市内にはいったのが12時台。
ダナン行きはTRUNG NAMから出るよ。という。
TRUNG NAMってどこ?ってMAPみてたら、
今、車はフエ駅のすぐそばを走ってるじゃないか。

予定変更。ダナンまでは列車にしよう。
と車から降ろしてもらう。一人旅なので、実にいいかげんです。

20121203_072224
(翌朝のフエ)

フエ駅の切符売り場でダナン行きを訊くと、
今日はもう夜7時の便しかない。といわれてがっかり。
フエに泊まる事にして、翌朝8時のダナン行きを買う。71000ドン。

フエからダナンまでの鉄道は途中に峠があり景色がいいので有名なのである。
夜発じゃ意味ないでしょ。
Twitterで、チケットを買うなら、「進行方向左側の席がいいよ」とアドバイスがはいる。
ありがとうございます。

安宿の多いHung Vuong通りのGoogle Hotelにチェックイン。

12ドルのところを朝食いらないからと10ドルに。
狭いが必要十分な設備で綺麗な都会的な宿。
併設のレストラン・バーですべて完結するコンビニエンス。

フエのスーパーの携帯コーナーで
コンセントに挿してUSBに変換するアダプターを2万5千ドンで入手。
さすがフエ。都会だ。Vinhでは高い純正アダプターしかみつけられなかったからね。←そこ?

ランキング参加中。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

| | TrackBack (0)

13/12/2012

NHUNG THICH DI DU LICH BA LO!! ひさびさにバックパッカー的な旅行したよ。(その2 ベトナム フォンニャ)

会社を辞めたのはつい先日なのだが。

旅行がしたいために会社を辞めたという噂が部下の間でひろまっていた。
そんな適当なことを言ったのは・・・・絶対・・・・社長だな・・・・・。
もちろん旅行は好きなのだけど、普通。その理由で会社辞めないでしょ。

で、旅行。三日目。

二日目は結婚式出席なので描写はパスw

一応、旅行中に撮影したイメージカットを。
観光地にいくと必ず、撮影中の新郎新婦に会いますね。

201212050071
バンメトートにて。

PHONG NHA

VinhからPhong Nhaに行くには、
バスターミナルから、Dong Hoi 行きのバスにのり(8万ドン)、
hoan laoで途中下車して、Phong Nha行きのバスに乗り換え(3万くらいのはずだが5万ドンとられた)。
Phong Nhaへ。

20121213_141005

Phong Nhaはシーズンオフでがらがらの模様。

スケッチの記事。
冒険と発見求め、秘境フォンニャ・ケバンへ
世界で最も美しい「天国洞窟」を探検

しかし、急に脚光をあびた観光地にありがちな観光客とみたらボリまくるという悪いパターンが。

観光船船着場付近のローカルレストランでMi goi xao bo(牛肉入り袋麺焼きそば)とHuda ビール一缶頼んだと
思ってください。
10万2千ドンはないだろ。

しかも最初にメニューで確認してる。だいたい一品が4万~5万。ビールは1万~2万。
私、大激怒!!!
焼きそば5万。ビール1万5千だろ。(Hudaはスーパーで買うと8000ドン台の庶民ビール)
ということで計6万5千にまけさせました。

もう、一気にPhong Nha嫌いになりましたね。
こんなクソ観光地に行ってはいけませんw

道端の雑貨店が500ミリリットルのミネラルウオーターが1万ドンとか言うし。
ホーチミン市のCho Lon 市場のおばはんか!!←あそこは外国人には高いこと言います。

水は別の店で5千ドンでした。ちょい高いけど許容範囲ね。

翌朝、散歩してたら、のんびりした風景と地元の子供たちがハローと挨拶してくれるので
すっかり機嫌をなおしましたが。

20121201_061558

そして、昼飯。

20121201_111627

これで5万ドン(約200円)は高いだろ!!。
値切って4万にしてもらったけど、ほんとは3万くらいだろ!!

こんなクソ観光地に(ry

で、バイタクを頼んで、下記のThien Duong洞窟まで往復25万ドン。

天国洞窟 / Dong Thien Duong(リンクはスケッチのサイト)

Phong Nha洞窟は次回にきたときに・・・・。

Phong Nha郊外に見所が点在してるみたいです。。道路はよく整備されてるし
ベトナム人は、こはあまり人が来ないから道路が綺麗だっていってたけど。
バイク借りてあちこち走るといいところだと思います。
(25万ドンくらい。半日レンタルか1日レンタルかは不明。)

201212010016

Phong Nhaに2泊して、翌朝はダナンへ向けて。

*Phong Nha の宿。一泊20万ドン。向かいが教会で煩かったです。

ランキング参加中。怒涛のクリックをよろしく。

にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

| | TrackBack (0)

NHUNG THICH DI DU LICH BA LO!! ひさびさにバックパッカー的な旅行したよ。(その1 ベトナム ヴィン)

ベトナム語を勉強していたらこんなのがあった。

Ong ay tuy rat giao nhung thich di du lich ba lo.
訳:あのおっちゃん、めちゃ金持ってるけど貧乏旅行が好きやね。
  (tuy A nhung B の例文ね。)

ベトナムでTAY BA LO(バックパッカー)といえば金を使わない貧乏旅行の外国人という意味で、
まあ、あまり良いイメージではなかったんですが、最近は少し変わったのかな。

私は特に金持ちではないのだが、バックパック旅行( du lich ba lo)派であるから、
この例文を見てついニヤリ。
というわけで、タイトルに採用ね。

Anh ay tuy khong giau nhung rat thich di du lich.
という例文も・・・・・。俺、こっちか・・・・。
ま、まだベトナムの常識では、旅行する人=金持ちということだ。

さて、今回の旅行。

Vinh(ヴィン)で結婚式があるので、よければ出席を。
と、ベトナム人の元同僚から話がきたのがきっかけ。
12月にホーチミン市でも披露宴があるというからVinhまでいかなくても良いのだが、
Vinhは行ったことない街だし、せっかくの機会なので出席することに。
その後はそのままベトナム中部を旅行する予定。

201211290015
結婚式当日の会場前の写真↑

旅行の計画は旅の楽しみの一つだよね~。
と言いいながら式の三日前までなんの計画もしていない体たらくなのだが。

最初は、Vinhまで陸路で繋ごうと思った。
Sinh CafeのOPEN TOURバスで乗り継いでみようかと。
ご存知のとおり、
Sinh Cafeに代表されるバックパッカー向けのOPEN TOUR BUS
ベトナムを旅行するには一番安くて便利である。

かならず提携ホテル前に発着するので、宿探しも簡単で、なにかと気楽なのだが、
欧米人バックパッカーたちと一緒に行動することになるし、(必然的に英語ベース)
お仕着せの観光コースに縛られてしまうことが欠点である。

Sinh Cafeが旅行社をファングーラオにOPENしなかったら、今のデタム・ファングーラオの発展はなかったと思われる。ここは敬意を払ってデタムのSinh Cafeで調べてもらった。

Sai Gon 7:00発 Nha Trang 17:00着。
Nha Trang 19:00発 Hue 翌 7:45着。
占めて61万7千ドン。
HueからVinhまではローカルバスか、Sinh Cafeのハノイ行きバスで途中下車すればよいだろう。

日程的にはぎりぎり間に合う。が、疲れそうだ。
Nha Trangに2時間休憩のみって・・・・。もちろん、前日の夜行バスででれば、
朝にNha Trang着だから、まるまる昼間はビーチでまったりできるのだが。

結局、

ファングーラオのとある旅行社でJETSTAR のVinhまでの片道航空券を買った。確か70ドルくらい。
ネットで買えばもっと安かったかもしれない。と思って今見てみたら。
115万ドン。60ドル切ってるのかorz。
ベトナム航空が90ドルあたりと高いので、
比較してつい安いと思ってしまう罠。
気をつけましょう。
その時は、とにかく安くあげようというBA LO(バックパッカー)の心をまだ取り戻してないのであったww

VINH

Vinhの小さな空港から外にでると、Ha Tinh行き(10万ドン)とThanh Hoa行き(20数万ドン)のミニバスが待っている。

これらのバスに乗って市内でおろしてもらえばタクシーより安くついたに違いない。

ガイドブック(ロンリープラネット)によれば市内まで5キロくらいとある。
タクシーでもたいした額にはならないだろうと客待ちのタクシーと交渉。
25万ドンで行くという。
高すぎる。
その運転手を無視して、別のタクシーでメーターSU DUNG DI。

愛用のGalaxy miniのMAPをみると今走ってる広い通りはレーニン通りというらしい。
ロータリーを過ぎ、右手にそびえるホーチミン像が見えてくると市街。

ちなみに、ホーチミン像がある街は、
私の記憶によると。
カントー市とCO TO島。そして、ここVinh。これで3体制覇である。あまり制覇に意味はないけど。

タクシーではとりあえず、宿泊サイトのAGODAでチェックしたASEAN HOTEL(住所 114 Tran Phu)へ向かってもらう。
メーター14万ドンで到着。

レセプションの女性は親切だったがASEANホテルの部屋は
一番安い部屋が25万ドン。AGODAの割引価格とかわらない。

部屋自体は、うーん、これはどうだろ~。古くてジメッとした感じ。
ホテル自体が古く、工事中の箇所もあり寂れ感があふれてる。
AGODAのレビューが悪かったのもうなづける。

私はとにかくジメッとしたのが嫌いなのでパス。
予約は入れてなくて正解。チェックインせず。

時間がたっぷりあるので、市内の安ホテルチェックもかねながら街をぶらぶらとする。
Cho Vinh(ビン市場)はでかい建物だが、昼間のせいか、それほど賑わってるふうでもない。

戦火で焼けて、新しくつくった街だからか、だだっぴろく、
私好みの街ではないな。

こじんまりしたぶらぶら散歩できる町が好きなのだ。

Vinhの一番の観光スポットはホーチミンの生家だそうだが、
市街から15キロとちょい遠いので気乗りせず行かずじまい。

唯一?の市内観光スポットのTA MON↓
20121128_144156


あとでTwitterで読んだのだが、Vinhの名物はウナギらしい。
ウナギのおかゆ(CHAO LUON)や、ウナギの春雨炒め(MIEN LUON XAO)とか美味いのだとか。

ホテル。
KHACH SAN TRA BONG(83 Tran Phu通り) 。一泊17万ドン。
かなり、ローカルな雰囲気。正しいNHA NGHI。
部屋はコンクリートうちっぱなしで華奢な木製のベットが二つ並んでいる。

SAI GON THUONG MAI HOTEL(19 Qunag Trung通り)。
高級ホテルに類するSAIGON KIM LIENの並びにある。
エレベーターはボロボロでかび臭いが、30万ドンの部屋は結構綺麗。
一番安い部屋は(22万ドン)やはりいまいち。
私が多少のベトナム語ができると知って従業員が饒舌になる。

この通りには同じような古めのホテルがいくつも並んでいた。
工事中が多く、これからマシになるのかもしれない。


結局、
Cho Vinh(ヴィン市場)の裏の
GOLD VINH HOTEL(1A Le Huan通り )に泊まる。
フロントは狭く泊まるだけの宿なのだが、
2011年オープンで設備が新しい。一泊20万ドン。

ホテルと**は新しいものに限る。

長距離バスターミナルが裏にあるので、旅行者には超お勧め。

というわけで1日目終了。

ランキング参加中。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

バスターミナルの時刻表を掲載します。。
タケク行き。ビエンチャン行きがありますね。
ハロン湾行くならモンカイ(中国国境)行きに乗るべし。

20121128_165422

他の長距離バスターミナル(ヴィン市場からバイタクで1万5千ドン)の時刻表

ラオスのルアンパパンまで60万ドン(約2400円)の表記が。
月・水・金・土の6時発か。
*G・NAMの表記は寝台バスのこと。
*都市名BUON ME THUOTでなく省名DAC LACとかわかりにくいですね。
 DA LAT行きでなくBAO LOC(DA LAT とホーチミン市の間の都市)だし。

201211030

20121129_113537

国際バスは、客が少ないと出ないかもしれないから要注意。たぶんテト中は止まります。
(情報鮮度 2012年11月頃)

| | TrackBack (0)

« tháng mười một 2012 | Main | tháng một 2013 »