« 私が会社をやめた理由(わけ) 2 DON XIN NGHI VIEC ベトナム篇  | Main | NHUNG THICH DI DU LICH BA LO!! ひさびさにバックパッカー的な旅行したよ。(その2 ベトナム フォンニャ) »

13/12/2012

NHUNG THICH DI DU LICH BA LO!! ひさびさにバックパッカー的な旅行したよ。(その1 ベトナム ヴィン)

ベトナム語を勉強していたらこんなのがあった。

Ong ay tuy rat giao nhung thich di du lich ba lo.
訳:あのおっちゃん、めちゃ金持ってるけど貧乏旅行が好きやね。
  (tuy A nhung B の例文ね。)

ベトナムでTAY BA LO(バックパッカー)といえば金を使わない貧乏旅行の外国人という意味で、
まあ、あまり良いイメージではなかったんですが、最近は少し変わったのかな。

私は特に金持ちではないのだが、バックパック旅行( du lich ba lo)派であるから、
この例文を見てついニヤリ。
というわけで、タイトルに採用ね。

Anh ay tuy khong giau nhung rat thich di du lich.
という例文も・・・・・。俺、こっちか・・・・。
ま、まだベトナムの常識では、旅行する人=金持ちということだ。

さて、今回の旅行。

Vinh(ヴィン)で結婚式があるので、よければ出席を。
と、ベトナム人の元同僚から話がきたのがきっかけ。
12月にホーチミン市でも披露宴があるというからVinhまでいかなくても良いのだが、
Vinhは行ったことない街だし、せっかくの機会なので出席することに。
その後はそのままベトナム中部を旅行する予定。

201211290015
結婚式当日の会場前の写真↑

旅行の計画は旅の楽しみの一つだよね~。
と言いいながら式の三日前までなんの計画もしていない体たらくなのだが。

最初は、Vinhまで陸路で繋ごうと思った。
Sinh CafeのOPEN TOURバスで乗り継いでみようかと。
ご存知のとおり、
Sinh Cafeに代表されるバックパッカー向けのOPEN TOUR BUS
ベトナムを旅行するには一番安くて便利である。

かならず提携ホテル前に発着するので、宿探しも簡単で、なにかと気楽なのだが、
欧米人バックパッカーたちと一緒に行動することになるし、(必然的に英語ベース)
お仕着せの観光コースに縛られてしまうことが欠点である。

Sinh Cafeが旅行社をファングーラオにOPENしなかったら、今のデタム・ファングーラオの発展はなかったと思われる。ここは敬意を払ってデタムのSinh Cafeで調べてもらった。

Sai Gon 7:00発 Nha Trang 17:00着。
Nha Trang 19:00発 Hue 翌 7:45着。
占めて61万7千ドン。
HueからVinhまではローカルバスか、Sinh Cafeのハノイ行きバスで途中下車すればよいだろう。

日程的にはぎりぎり間に合う。が、疲れそうだ。
Nha Trangに2時間休憩のみって・・・・。もちろん、前日の夜行バスででれば、
朝にNha Trang着だから、まるまる昼間はビーチでまったりできるのだが。

結局、

ファングーラオのとある旅行社でJETSTAR のVinhまでの片道航空券を買った。確か70ドルくらい。
ネットで買えばもっと安かったかもしれない。と思って今見てみたら。
115万ドン。60ドル切ってるのかorz。
ベトナム航空が90ドルあたりと高いので、
比較してつい安いと思ってしまう罠。
気をつけましょう。
その時は、とにかく安くあげようというBA LO(バックパッカー)の心をまだ取り戻してないのであったww

VINH

Vinhの小さな空港から外にでると、Ha Tinh行き(10万ドン)とThanh Hoa行き(20数万ドン)のミニバスが待っている。

これらのバスに乗って市内でおろしてもらえばタクシーより安くついたに違いない。

ガイドブック(ロンリープラネット)によれば市内まで5キロくらいとある。
タクシーでもたいした額にはならないだろうと客待ちのタクシーと交渉。
25万ドンで行くという。
高すぎる。
その運転手を無視して、別のタクシーでメーターSU DUNG DI。

愛用のGalaxy miniのMAPをみると今走ってる広い通りはレーニン通りというらしい。
ロータリーを過ぎ、右手にそびえるホーチミン像が見えてくると市街。

ちなみに、ホーチミン像がある街は、
私の記憶によると。
カントー市とCO TO島。そして、ここVinh。これで3体制覇である。あまり制覇に意味はないけど。

タクシーではとりあえず、宿泊サイトのAGODAでチェックしたASEAN HOTEL(住所 114 Tran Phu)へ向かってもらう。
メーター14万ドンで到着。

レセプションの女性は親切だったがASEANホテルの部屋は
一番安い部屋が25万ドン。AGODAの割引価格とかわらない。

部屋自体は、うーん、これはどうだろ~。古くてジメッとした感じ。
ホテル自体が古く、工事中の箇所もあり寂れ感があふれてる。
AGODAのレビューが悪かったのもうなづける。

私はとにかくジメッとしたのが嫌いなのでパス。
予約は入れてなくて正解。チェックインせず。

時間がたっぷりあるので、市内の安ホテルチェックもかねながら街をぶらぶらとする。
Cho Vinh(ビン市場)はでかい建物だが、昼間のせいか、それほど賑わってるふうでもない。

戦火で焼けて、新しくつくった街だからか、だだっぴろく、
私好みの街ではないな。

こじんまりしたぶらぶら散歩できる町が好きなのだ。

Vinhの一番の観光スポットはホーチミンの生家だそうだが、
市街から15キロとちょい遠いので気乗りせず行かずじまい。

唯一?の市内観光スポットのTA MON↓
20121128_144156


あとでTwitterで読んだのだが、Vinhの名物はウナギらしい。
ウナギのおかゆ(CHAO LUON)や、ウナギの春雨炒め(MIEN LUON XAO)とか美味いのだとか。

ホテル。
KHACH SAN TRA BONG(83 Tran Phu通り) 。一泊17万ドン。
かなり、ローカルな雰囲気。正しいNHA NGHI。
部屋はコンクリートうちっぱなしで華奢な木製のベットが二つ並んでいる。

SAI GON THUONG MAI HOTEL(19 Qunag Trung通り)。
高級ホテルに類するSAIGON KIM LIENの並びにある。
エレベーターはボロボロでかび臭いが、30万ドンの部屋は結構綺麗。
一番安い部屋は(22万ドン)やはりいまいち。
私が多少のベトナム語ができると知って従業員が饒舌になる。

この通りには同じような古めのホテルがいくつも並んでいた。
工事中が多く、これからマシになるのかもしれない。


結局、
Cho Vinh(ヴィン市場)の裏の
GOLD VINH HOTEL(1A Le Huan通り )に泊まる。
フロントは狭く泊まるだけの宿なのだが、
2011年オープンで設備が新しい。一泊20万ドン。

ホテルと**は新しいものに限る。

長距離バスターミナルが裏にあるので、旅行者には超お勧め。

というわけで1日目終了。

ランキング参加中。
にほんブログ村 海外生活ブログ ベトナム情報へ
にほんブログ村

バスターミナルの時刻表を掲載します。。
タケク行き。ビエンチャン行きがありますね。
ハロン湾行くならモンカイ(中国国境)行きに乗るべし。

20121128_165422

他の長距離バスターミナル(ヴィン市場からバイタクで1万5千ドン)の時刻表

ラオスのルアンパパンまで60万ドン(約2400円)の表記が。
月・水・金・土の6時発か。
*G・NAMの表記は寝台バスのこと。
*都市名BUON ME THUOTでなく省名DAC LACとかわかりにくいですね。
 DA LAT行きでなくBAO LOC(DA LAT とホーチミン市の間の都市)だし。

201211030

20121129_113537

国際バスは、客が少ないと出ないかもしれないから要注意。たぶんテト中は止まります。
(情報鮮度 2012年11月頃)

|

« 私が会社をやめた理由(わけ) 2 DON XIN NGHI VIEC ベトナム篇  | Main | NHUNG THICH DI DU LICH BA LO!! ひさびさにバックパッカー的な旅行したよ。(その2 ベトナム フォンニャ) »

ベトナム関連」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44165/56299906

Listed below are links to weblogs that reference NHUNG THICH DI DU LICH BA LO!! ひさびさにバックパッカー的な旅行したよ。(その1 ベトナム ヴィン):

« 私が会社をやめた理由(わけ) 2 DON XIN NGHI VIEC ベトナム篇  | Main | NHUNG THICH DI DU LICH BA LO!! ひさびさにバックパッカー的な旅行したよ。(その2 ベトナム フォンニャ) »