« tháng mười 2011 | Main | tháng sáu 2012 »

09/11/2011

ベトナム・ホーチミン市のローカル床屋にいったんだけど。

先週だったか、Ba Hom 通りの床屋の店先を通った。夕食を終えた後だったので夜の8時頃だったか。
床屋の椅子をリクライニングにして、店員らしき女子3人が布きれを体のうえにかけて、ぐっすり睡眠中でした。住み込みなんだろうかね。外から丸見えなんだけど。休憩中??

で、今日、近所の床屋に行った。そこは4度目なので、行きつけと言っていいかもしれない。

店長(男性)は丁寧に切ってくれる。
ほんの少し日本語ができる。このローカル地域では貴重な人材なんだ。散髪中に特に会話しないけどね。

彼の散髪は日本のQBハウス1000円より丁寧。
なので、わりと気に入ってる。
前回は新人の女の子が切ってくれて、頭のてっぺんがもっさりしてしまった。
新人とわかったのは下手くそだったから。はさみの使い方もぎごちない。どうみても思いっきり初心者。
もともと、私は日本でも、担当を指名しない。いきあたりばったり。だから、そういう当たりが悪いときもあるだろう。諦めモードの前回仕上がり結果でした。

本日のカットは店長登場。

で、私がカットされている様子を見に来た女子店員。
茶髪をアップにして肩をだした黒いブラウスに白いホットパンツという姿。
次回はこの新人女子かも・・・・。・・・ま。ありかも・・・・(男の子的な意味で・・・・)。

値段を聞くと店長が日本語で「にじゅう!」とにこやかに答える。ベトナム語では2万は「20千」と表現するのでこういう言い方になる。ありがちな間違いだけど。とにかく、料金は2万ドン也。。73円くらい。
どれほどカットを失敗されても許せる価格帯なのである。
これ、カットのみ価格。洗髪はしてもらわないのだ。昔、洗髪後に顔をタオルで拭いて貰ったら、そのタオルで結膜炎になったので・・・・・・。

ローカル床屋の私的注意事項であります。

Aut_0864

(約、10年前にローカルで髪を切るわたくし)

もう、10年近く前。路上5000ドン。屋内エアコンなし1万ドン。エアコン効いている店だと2万ドン。
ハノイの高級店だと10万ドン??散髪価格はこれくらいだったか。

今、エアコンなしお店で2万ドン。物価上昇のわりに散髪値段があがってないように思うよ。
儲かるのか。
客単価あげるために洗髪・耳かき・マッサージとオプションを付ける方向なのだろうか?としばし考えるのでありました。
耳かきメインみたいな床屋あるものね。
耳の穴を照らすライトがリクライニングチェアの横にデフォで並んでいる店です。ちなみに私は耳かきもしないんだけど。

ランキング参加中です。↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« tháng mười 2011 | Main | tháng sáu 2012 »