« tháng tư 2007 | Main | tháng tám 2007 »

20/05/2007

「下周村」みた。

先週。新国立の小劇場で「下周村」みた。
中国と日本のコラボ。

ストーリーは
前半、遺跡が発見され開発工事が中断。
何かが動き出すのを待つ人々。そこで見えてくる「現代人」の「リアル」な「願望」とは何か?ということだったんでしょうね。

日本人にとっては家族と恋愛。
中国人にとっては名誉とか功名とか金銭とか。
そんなことを隠しながら、登場人物はみんな工事の再開を待っている。

日本人は金よりも家族とか恋愛。そうかもしれない。
中国人は中国株がバブルの様相を呈してきたとか、巷で騒がしい今日この頃。やはり、金儲けがリアルなんですかね。

後半の騒がしい演出は、逆にわかりやすく各人の欲望を呈示してたから、解説編だったんでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

08/05/2007

東京ノート

青年団の東京ノートを見にいく。駒場東大前でおりてアゴラ劇場へ。

070504_154501 (ハヤカワ演劇文庫の「東京ノート」の画像。)

 ちょうど、客席と書いてある位置に座りました。「下手」のところがエレベータになっていて、二階へはけるような舞台になっていた。二階はパイプの柵のみなので、そこからも台詞が飛んでくる。ところで、このエレベーターって、もともとアゴラにあるエレベーターを利用しているんだろうか?

 で、美術館で交わされる様々な人々の会話を聞いてるような気分で、観客は舞台をみる。日常のように、同時に複数のグループの、会話が進行していく。なので、はっきりいって、舞台上のすべてを聞くことはできない。恋愛模様に気を取られてると、家族問題がわからなくなる。

「見たいものしか見れない。聞きたいことしか聞けない」ということになる。「見たいものしか見ない登場人物」「描きたいものしか見ない画家」と重なって、よく考えれば理屈っぽい構造。

サン・テクジュベリの「星の王子さま」がでてくる

 由美 あれね、「星の王子さま」でね。何か、心でみなくっちゃよく見えないって話があるのね。

(略)

でもさ心でなんか見えないよね。

その部分というのは

Continue reading "東京ノート"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/05/2007

イエン 5

とにかく。その夜も、あいかわらず、たいしてお金をつかうわけでもなく、カウンターでひとり飲んでいた。カラオケボックスに呼ばれないであぶれている女の子と特になんの意味もないベトナム語の会話をだらだらするだけ。もちろん客がいるときなんかほとんどなかったが。

 その夜もお客は少ない。カウンター席から振り向けば、女の子たちはひまそうにビリヤードをやっている。いつも客がいないせいで、練習もたっぷりできるのか。彼女たちはやたらビリヤードが上手かった。私がたまに参加するときなんかは、いつも手加減してくれるのだった。わたしといえば、ぶざまに負けたくないのだが、かといってゲームに勝ちたいとも思わない、そんな気分のことが多くて、つまりは盛り上がりにかけることになるので、滅多に遊ぶことはなかった。

イエンがやってきて

「アシタはココにイキマスカ?」と日本語で私に言った。(日本語が微妙に間違ってた)

「くるとおもうけど何故?」と聞くと?

仕事を辞める。故郷のハイフォンに帰る。明日、残っている給料を貰いに来るの。それで最後だといった。はじめて、彼女の月給が100ドルだったと知った。

翌日は外で待ち合わせて一緒に行った。のだったか?私が先にきて彼女があとからやってきたのか?いまではそれさえも定かでない。

カウンターに並んで座っている。イエンはいつもの紺のドレス姿ではなくジーンズスタイルだった。今日はプライベートだからドレスのわけはないのだ。彼女はコーラかなにか頼んだのではないだろうか?私はバーボンかなにかだったんだろう。もしくはタイガービール。

Continue reading "イエン 5"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« tháng tư 2007 | Main | tháng tám 2007 »