« メモ 參見禁食肉品 (猫好きの人は読まないでください) | Main | 久々の中国株 »

09/09/2006

二つの炎上ネタ

ここ数日で、炎上ネタのエントリーが二つあがっている。この二つのエントリーを読むと炎上とはなんであるかがわかった気になる。

一つは吉田 望氏の

私の「ブログ炎上」体験記 新潮45 2006年1月売 全文掲載

今ネットの旬な話題に「炎上」がある。これは「祭」とも呼ばれる。たとえば社長の殺人予告騒動にまで発展したエイべックスの「のまネコ騒動」は記憶に新しい。スキャンダルの膨大な情報、噂、顚末がネット上に飛び交い、ゴシッブとなることを指す。祭は2ちゃんねるでの膨大な書き込みを、炎上はさらに個人のネット日記「ブログ」に突撃隊が参入、火達磨状態になることをさす。

ブログ主が自ら、炎上を引き起こす過程が詳しく書かれている。

もう一つは切り込み隊長の

乙武洋匡氏のブログの小炎上で寄せられたコメントを深く吟味する

過日、乙武氏が記したブログでのエントリーの内容が遺憾であるとして、本件について多くの批判コメントが寄せられた。読む限り、乙武氏の記述はこれといって問題はなく、もっと深淵な問題に目を向けるべきだというメッセージであると思われたが、読み方によっては皇室を軽視する表現にも見えるために批判されたものである。


http://sports.cocolog-nifty.com/ototake/2006/09/post_f549.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%99%E6%AD%A6%E6%B4%8B%E5%8C%A1
http://sports.cocolog-nifty.com/ototake/2006/09/post_fa1a.html

私は、炎上を喜びいさんで見に行くほど、熱意がないのだが、切り込み隊長のブログ炎上時におけるコメントの批評はなかなか、心に沁みますね。様々なコメントの付け方が「あるあるある」状態です。

炎上時の楽しみ方を指南している、とも読める、久々の好エントリー。コメント技術を磨こうという志ある人に必読か?

|

« メモ 參見禁食肉品 (猫好きの人は読まないでください) | Main | 久々の中国株 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44165/11817212

Listed below are links to weblogs that reference 二つの炎上ネタ:

« メモ 參見禁食肉品 (猫好きの人は読まないでください) | Main | 久々の中国株 »