« エトランゼとヒキコモリ | Main | メモ 參見禁食肉品 (猫好きの人は読まないでください) »

30/08/2006

mixiのこれから

mixiが9月14日に東証マザーズに上場する。公募価格が150万円あたりのようだが、既に初値予想が300万円などと、かなりエキサイトしている。

大西 宏のマーケティング・エッセンスでこんなエントリーがあがっていた。

ほんとうにmixiは、とうよりも現在のSNSは、このまま普及し続けるのかという疑問がふっと湧いてきます。

mixi にも越えがたい壁が立ちはだかってきたのだろうか

ということなのだけれど。たしかにmixiの成長はもう終わりかも。繋がりを求める、そして文章によってコミュニケーションがとれるアクティブなユーザー層がmixiを拡大させてきたとおもう。けれど、これから増えていくのは受動的なユーザーばかりになるとおもうのだ。(または2ちゃんねらー的なユーザーか?)

アクティブなユーザーは逆にもっと小規模のSNSに移行していくだろうし。情報の書き手がどんどん離散していくとおもう。mixiの用語でいえば、これからは「足跡」ばかりが増えていくということ。

湯川鶴章さんのIT潮流でこんなインタビューがあった。

ミクシィはポータルになるのか-笠原健治氏

 今回もミクシィの笠原健治さんにお話をうかがった。テーマは「ポータル化」。

  • ポータルを意識すると変な方向に進むので、あくまでもコミュニケーションが主体のサイトを目指し続ける
  • 結果としてポータルっぽくなっているかもしれないけど、ポータルを目指していくものではない

笠原健治氏インタビュー 第3回音声ファイル」

「ポータルを目指していくものではない」とはいえ、これからmixiはポータル化していくのではないだろうか。コミュニケーションを求めるユーザーの比率が減っていくと思うからだ。

mixiはマザーズ上場で莫大な資金を得るはずだけど、下手なmixiの機能強化は止めて欲しい。mixiは機能+使いやすさのバランスで既に完成形だとおもう。

ポータル化したくないなら、このまま枯れたSNSにしてしまったほうがいい。

次は、mixiの会員数増加ではなく、まったく新しいコミュニケーションの場を創造してほしいけれど。毎月のmixiの会員数の伸びで株価が上下したりして、上場するとそうもいかないんだろうなあ。

|

« エトランゼとヒキコモリ | Main | メモ 參見禁食肉品 (猫好きの人は読まないでください) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44165/11664437

Listed below are links to weblogs that reference mixiのこれから:

« エトランゼとヒキコモリ | Main | メモ 參見禁食肉品 (猫好きの人は読まないでください) »