« tháng năm 2006 | Main | tháng tám 2006 »

29/07/2006

イエン 4 (改)

イエンの出身はハイフォンだと以前に書いた。ハイフォンは北部の国際的な港湾都市で、だから、なんとなくイエンは都会の女性のイメージだった。

確か、9月の独立記念日の連休だった。9月は天候が不安定になって、雨の日が増え、急に冷え込んでいく。夏が終わる月である。子供たちの夏休みはその連休で終了するから、そういう意味でも区切りなのだ。私はいつもの休日のように海岸沿いを散歩していた。特別な日という感覚はなかったがやはり祭日なのだ。今では綺麗なカラーブロックを敷き詰めた歩道になっているが、穴だらけの歩道だった頃と同じように、物売りが、観光客目当てに小さな店を広げている。ベトナムのおばちゃんがノンを被って地べたにしゃがみ、籠にはいったブオイ(ざぼん)やオーイ(ぐあば)なんかを売っているのだ。それらを買うと新聞紙の皿に入ったパプリカ混じりの塩こしょうを付けてくれる。ベトナムの果物は甘みがないからそれをつけて食べる。半透明の赤い、きわめて薄い、日本で言うレジ袋に入れてもらい、オーイをかじりながら散歩を続けてもいい。

雨の季節になってコンビニの前を通ったりするとイエンのことを思い出すのだ。

Continue reading "イエン 4 (改) "

| | Comments (0) | TrackBack (0)

| |д・) ミテル

1153907710230s 1153909787796s 1153915408869s

komicaで画像を発見。

で、4っつめの画像はちょっと前にノーモアティアーズというTシャツ屋で売っていたもの。画像探すのたいへんでした。現在は販売されてないみたい。

Ibtmiteruwhfup

| | Comments (0) | TrackBack (0)

20/07/2006

春の日のクマは好きですか?を観た

春の日のクマは好きですか?を観た。映画の日だったように思うので、もう数週間前です。主演はぺ・ドゥナ。特に美人じゃないけど、好きな女優の1人。

店員の制服姿。自宅での眼鏡。かぶり物、となんか、萌えのコード満載だったような映画。内容はキャラ設定といい、ふつーのラブコメです。

朝鮮日報の記事
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/10/19/20031019000005.html

ぺ・ドゥナの公式ホームページ
http://www.doona.net/

ぺ・ドゥナインタビュー
http://www.asahi-net.or.jp/~ux4t-smz/people/people31.html

しかし何故に被り物写真が多いのか?

真ん中のは「春の日のクマは好きですか?」日黄色いフードは「A Higher Animal」という映画。

822 H01_1

B03

| | Comments (0) | TrackBack (1)

リクルート利食い

日本株がやっと反発しました。今日の上げで、株資産増加分が「今月の損切りした分」をはるかに上回ったのと、現引きの効果もあり、松井の維持率が70%超えになったので、一安心。昨日、損切りせずに買っておけば良かったなどとは思いません。これで十分です。

中国株のリクルート、8073.HK RECRUITを利食いました。1.8倍になったので売り時でしょう。GEMは欲張ると急落もありえるので、長期ホールドではなくそこそこで売ることにしたのです。

本日の取引

  • 中国株 RECRUIT 18000株 1.33HKD 売り

| | Comments (0) | TrackBack (0)

18/07/2006

ギリアムのTidelandをみた

ギリアムのTideLandをみた。サイトはここ。(英語版のほうのサイト、こっちのほうがかっこいいと思う。というか日本語のサイトは私が使ってるブラウザと相性が悪いようだ。)

C226_33a 邦題は「ローズ・イン・タイドランド」で不思議の国のアリスを意識させるんだけど、前作の一般ウケしただろうブラザーズ・グリムと違って、今回は・・・・。先日のテレビで「ブラザーズ・グリム」をみて、同じようなちょっと暗めな映像のおとぎ話のつもりで「タイドランド」をみにいったりしたら、これは辛いでしょうね。

Tidfp5

「明智小五郎シリーズ」だと思って「乱歩地獄」をみにいくみたいなモノ・・・・。女性数人で、みにきてる客が幾組かいたけど、たぶん、勘違い?!1人で観に行って時々クスクス笑うのが最適でしょうね。

「不思議の国のアリス」というより、映画的には「ミツバチのささやき」か。「フランケンシュタインの映画」の役割を担うのが「alice's adventure undergroundの本」というわけで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

15/07/2006

最近読んだミステリの

「上手なミステリの書き方教えます」 浦賀和宏

途中で読むの止めてたんだけど。理由はガンオタ設定の主人公の内面の独白がこれでもかと書かれていて、さすがに疲れるからだ。やっと読み終える。安藤シリーズ(私がひいきにしてる)も後半好き勝手な方向に向かっていったけど、この八木シリーズ(松浦純菜シリーズにあらず)も同じか・・・。8月に続編がでるらしい。

画像イメージがでないので、シリーズ第一作を貼り付け。↓

オンライン書店ビーケーワン:松浦純菜の静かな世界

「仔羊の巣」

名探偵はひきこもりシリーズ。シリーズ名だけで読んでる私。日常の謎のミステリなのだけど。ドラマティックな展開も今後あるんでしょうか。名探偵がひきこもりでいじけた性格でワトスン役がやたらいい人という、なんともいえない設定。

オンライン書店ビーケーワン:仔羊の巣

「春期限定いちごタルト事件」「夏期限定トロピカルパフェ事件」

小市民シリーズ。小山内さんがとても気になる・・・・。

オンライン書店ビーケーワン:夏期限定トロピカルパフェ事件 オンライン書店ビーケーワン:春期限定いちごタルト事件

なんか、シリーズばかり読んでますね。そういえば、ドン・ウィンズロウのニール・シリーズの最終巻ももうすぐでるはず。

ミステリじゃないけど最近、読んでるシリーズは暗殺者ヴラド・タルトシュシリーズ

オンライン書店ビーケーワン:虐げられしテクラ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« tháng năm 2006 | Main | tháng tám 2006 »