« tháng tư 2006 | Main | tháng bảy 2006 »

29/05/2006

旅行記 表バージョン4

君は空港からのバスを降りた。

トランクの傍らに立っている君はどこからみても旅行者だ。でも、以前のように宿の客引きが寄ってくることはなかった。道路の向こう側のファングーラオ通りの店を、君は目で探している。新しいレストランができていて、うまく記憶と結びつかない。もう無くなってしまったのかな。と、つぶやく。店と行っても、道路にテーブルと椅子を出しただけの簡易なものだったけれど。君は「ソンちゃんの店」としてその店を記憶している。

君は気がついていなかったが、ソンちゃんの店は、ガイドブックの、地球の歩き方の97年~98年版以前の版には載っている。159番地だから「159」。ガイドブックの地図にはそっけなくそう記されている。

地球の歩き方マガジン’98 春号によれば「美人姉妹の切り盛りするお店」として紹介されているのだけれど、そのことも、君は知らないだろう。ビアホイとヤギ鍋がメインのメニュー。ビアホイは2リットルで8000ドン。ヤギ鍋は2万ドンだった。T&Tトラベルという日本人が経営している旅行社があった。そこが配っていた周辺地図には「159 SON」と書かれているのだから、君と同じように日本人の間ではソンちゃんの店と呼ばれていたのかもしれない。

昔の159は昼間の客も少なく、のんびりしたもので、私は、ぬるい飲物を飲みながら、そこの看板娘の、HOAに、片言のベトナム語を教えてもらったり、文庫本を読んで過ごした。客のいない隣りのテーブルで少女が、宿題なのだろうか、ノートを広げていたりした。

数年後だったかに訪れるとHOAは結婚してハノイの方にいってしまったという話だった。かわりに、ソンが主となって切り盛りしていた。ビアホイを買いにいったり、氷を買いにいったりしていた。ソンは日本語学校で日本語を習っていた。メニューも日本語が併記されるようになっていた。

宿題をしていた少女がアオザイの高校生になっている。そして君はすっかり日本語が上達したソンちゃんと「男は信用出来ない」というテーマで盛りあがっていたのだ。

それから、5年ぶりの159なのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

18/05/2006

草枕について

いつだったか、*野*道に行ったときに、石段をのぼりながら、つい、つぶやいた。

山路を登りながら、こう考えた。 智に働けば角が立つ。 情に 棹させば流される。 意地を通せば 窮屈だ。

草枕は、理屈っぽい男が、旅行にでかけ、不思議少女的な行動をする出戻りの女性に翻弄されるというのがおおまかな話ですね。

夏目漱石の主人公はどこかしらイヤな奴が多い。夏目漱石の性格がでているんでしょうか。

草枕の主人公も画工というふれこみだけど、最期まで絵をかかない。画工というのはぜったいでまかせだ。

草枕メソッド

2005-07-12-1 / 草枕メソッド 

草枕メソッドとは「~(し)ながら、こう考えた。」で始める文章作成法。http://nais.to/~yto/clog/2005-07-12-1.html

はてなにこんなことが書いてあった。一度は感心しかけたが、あまりにも応用しやすい作成法であることに気が付いた。

Continue reading "草枕について"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

17/05/2006

カポーティの短編に

カポーティの短編に、似たような結末があった気がする。

厚木の猫の死がい:冷蔵庫からも発見 30代女性、5年前から飼い始め増加 /神奈川

リードは冷蔵庫だけれど、記事は業務用冷凍庫とある、たぶん冷蔵ストッカーだと思う。75匹はいっていた・・・・・。いやほんとうに、わけがわからん話ですね。

しかし、最近の猟奇的なニュースは神奈川県ばかりなのは何故なんでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/05/2006

カプセルホテル密室殺人事件(蔵出し)

カプセルホテルに泊まった男が死んだ。

男の部屋から異常を知らせるブザーが鳴った。従業員が個室に駆けつける。部屋は内側から施錠されている。合い鍵をつかってドアを開けるとロッカーが移動され入口を塞いでいた。あわててロッカーを押しのけて室内へ。

男がベッドの上にあおむけに倒れている。血まみれ。そばに刃渡り約10センチの包丁。手首の傷。腹部。他にも2、3カ所に傷。室内を荒らしたり、争ったような跡はない。遺書はなかった。

ミステリ小説なら密室殺人だが。従業員がぐるという可能性のほうが現実的だな。

というようなことを、2月4日に、考えた。不可解な時、原因はたいてい金である。金さえあれば何でもできる。とは、いわないが。金が絡めばなんでも起こるんだと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ハロン湾の水上生活者(蔵出し)

(書きかけだったのを蔵出しエントリー。いつまでも残して置いてもしかたないので。)

ハロン湾の水上生活者の話を世界ウルルン滞在記で放映していたらしい。放映はみてないけど、ウルルンのサイトをみれば

世界遺産に指定されているハロン湾に浮かぶブン・ビエン村

とある。VUNG VIENG(VONG VIENG)のことだろう。島が浸食されて、入り江を形作っている。

ウルルンのサイトの説明を読んでみると、いかにも昔からその水上生活者の村があったように錯覚するが、その村ができてから10年も経っていない。

水上生活は発泡スチロールのフロートの上に筏をくみ、小屋を建てて住んでいる。この発泡スチロールのフロート自体が、10年前にはベトナムに存在しなかった。だから、間違いない。水上生活者の村ができたのは10年以内だ。

もともと嵐の時に船が待避するような場所で、そこで暮らしをつづけるということはなかったろう。言ってみれば船上生活だったと思う。

昔、片岡鶴太郎が取材に訪れた、バザー、という水上集落があり、そこの人々の生まれ故郷は、ハロン湾沿いの、とある集落だと聞いた、もちろん陸なのだが、沿岸の開発計画で、立ち退きにあった。そういった下流の人たちが暮らしているのではないか?そんなことを考えた。ウラはとってない。ブンビエン村とはこのバザーのことではないかとも思うのだが、放映をみていないのでわからない。

ハロン湾が世界遺産に認定されて、観光客が訪れるようになった。観光客に供する食事のために、魚介類が流通しはじめた。そのことで、水上生活できる経済基盤ができたのではないだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

07/05/2006

パリのカフカ

お役所仕事に悩まされる、というイメージがある中国です。

中国では、カフカ指数というニュースにどんな反応があるのか。とぐぐってみる。が。みつけられない。体制批判になるから書けないですかね。やはり。

でも、こんな文章をみつけた。尘翎部落格というブログのなかの卡夫卡在巴黎という4月1日の記事。筆者は香港にいるようなんだけど、パリに暮らしていたことがあるらしい。フランスのデモへの感想をからめてこんなことが書かれている。

在法國生活,與官僚與體制打過交道,終必明白這徹頭徹尾是「卡夫卡」社會。
僵死,荒謬。
像迷宮一樣,沒有出路。

*翻訳ソフトを使って適当に訳

フランスで生活していたころ、官僚体制と付き合ったことがある。結局、徹頭徹尾「カフカ」社会であることは明白だ。生命力を失い、硬直化していて、でたらめである。迷宮のように出口がない。 

フランスのデモのニュースを知って、カフカ社会であるフランスを思い出し・・・というのがこのコラムの流れです。私は中国語が不案内なのでコメントできるほど理解できないのが残念。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/05/2006

カフカ指数

カフカ指数の記事があった。http://www.asahi.com/international/update/0503/017.html

2006年05月03日の記事でこんな内容。

 仏政府は今秋から「お役所仕事」を数値化して公表する。非能率さを示す指標は、チェコの作家カフカにあやかって「カフカ指数」と命名。

元の記事を探してみた。

Kafka scale for red tape
Kafka: Surreal 

Paris, April 14 (Reuters): France is campaigning to cut government red tape by using the name of writer Franz Kafka, who gave rise to the term Kafkaesque because of his portrayal of absurd, surreal and often frightening bureaucracies.

http://www.telegraphindia.com/1060415/asp/foreign/story_6101936.asp

ロイターの4月14日のニュースのようです。半月たってます。朝日新聞はネタがないときのために寝かしてあったんでしょうか。しかし4月と言えば、フランスでは、初回雇用契約法(CPE)に反対するデモが吹き荒れていた。政府の人気取りというかウケねらいの発表のような気がしてならないけど。考えすぎか。

Continue reading "カフカ指数"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

03/05/2006

社会保険基金が香港にはいる

社会保険基金が香港にというニュースがあった。

《社保入港》新華富時香港指數成份股及佔百分比表列
5月 2日星期二15:51更新

参考銘柄とウエイトが列記されている。面倒なので上位21銘柄だけメモです。中国電信を保有しているので、21銘柄にしました。元の記事には50銘柄載ってます。

時価総額でウエイトをつけているのかなあ。銀行セクターが多いですね。各銘柄の時価総額や流動性を研究すれば、どこかに投資チャンスがあるかもしれませんね。

  1. HSBC   (0005)    8﹒00%
  2. 中国移動  (0941)    7﹒15%
  3. 和黄    (0013)    6﹒54%
  4. 中石油  (0857)    4﹒94%
  5. 新地   (0016)    4﹒29%
  6. 長實   (0001)    4﹒08%
  7. 中石化  (0386)    2﹒22%
  8. 中電   (0002)    2﹒21%
  9. 中國人壽 (2628)    2﹒18%
  10. 中華煤氣 (0003)    2﹒08%
  11. 中海油  (0883)    2﹒07%
  12. 恆生銀行 (0011)    2﹒06%
  13. 建設銀行 (0939)    2﹒02%
  14. 太古A  (0019)    1﹒98%
  15. 中銀香港 (2388)    1﹒82%
  16. 香港電燈 (0006)    1﹒64%
  17. 港交所  (0388)    1﹒58%
  18. エスプリ (0330)    1﹒51%
  19. 中國神華 (1088)    1﹒37%
  20. 東亞銀行 (0023)    1﹒31%
  21. 中電信  (0728)    1﹒17%

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« tháng tư 2006 | Main | tháng bảy 2006 »