« tháng hai 2006 | Main | tháng tư 2006 »

31/03/2006

深セン控股が騰がっているので

保有株の深セン控股 SHENZHEN INVEST(0806.HK)が急騰している。香港の隣という地の利があるから、次は「深セン関連銘柄が来る」という適当な考えで、買っていた銘柄。

ちなみに私が保有している他の深セン関連銘柄というのは・・・広深鉄路 GUANGSHEN RAIL(0525.HK)と深セン高速 SHENZHENEXPRESS(0548.HK)・・・・。オーソドックスな銘柄ですね。

06043深セン控股。私は1.0HKD近辺で買っているので今日の高値で売れば、2.5倍超えになったことになる。

実はこの銘柄、つい最近まで、急騰していることに全然気が付いてなかった。最近は、中国株の取引もせずに、すっかり放置していたからなのと、10日近く、ベトナムに旅行に行っていたからだけど。

この銘柄はユナイテッドワールド証券のカテゴリでは「不動産」ではなく「企業連合」になっている。業務内容は

  1. 不動産投資・開発
  2. 交通機関サービス
  3. 電力関連インフラ事業への投資
  4. 情報通信事業
  5. 物流ビジネス等

たぶん、急に騰がったのは「不動産」部門が好調なんだろう。9月の中間期決算を読み返してみると、

2005/09/21 深セン控股、中間期は二ケタ増益」(亜州IR)とのことで営業利益は27.3%増の2億6122万香港ドル。売上高は25.2%減の7億3436万香港ドル。しかし、不動産開発が不振ということだった。以下、引用。

不動産開発が不振。不動産開発部門は売り上げが59.6%減の1億7861万香港ドル、部門利益が76.8%減の2484万香港ドルに落ち込んだ。会計基準の変更で工事完成基準を採用したことに伴い、販売済み物件のうち未竣工部分の11万平方メートル(売上高6億5000万香港ドル、純利益8400万香港ドルに相当)を計上していない。

この時点では買いなのか、売りなのか、さっぱりわからなかった。でホールド。数字だけ見ると部門利益76.8%減だし。株価はまったく反応しなかったが。今更だが、よく読んでみると、不動産開発が不振だったかどうかは、少々疑問。会計基準の変更で工事完成基準を採用したことだけが原因だったのかもしれない。

Continue reading "深セン控股が騰がっているので"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

25/03/2006

ベトナム旅行から帰ってきました

旅行から帰ってきました。15日から24日までベトナムに行ってました。その間の取引は

  • ライブドア 200株 88円 現物売り

う~~~ん。出発日にUSENの報道があったんですよね。199株残してます。30%くらい含み益出てるけど、どうしようか・・・。

さて、ベトナムの話。ベトナム株投資に向けての参考になるかどうかわかりませんが。5年ぶりのホーチミン市でした。5年前とあまり変わってないなあ。という感じ。ただ市バスが空港と市内を往復していて、2000ドンで市内に行けるようになりました。(以前は空港から市バスに乗るのは大通りまで出なければいけなかった。)物価は少々上昇したのでしょうか。しかし、空港から市内までのタクシーのメーター料金にしても5年前と変わらない。5万ドン台。実は競争激化で下がってるかと思ったんだけど。そんなことはなかった。しかし、ベトナム通貨のドンは米ドルに対して下がってるのでドルベースでは安くなっている。

  • 1996年 1ドル=約11000ドン
  • 1999年 1ドル=約14000ドン
  • 2006年 1ドル=約16000ドン

さて、ファングーラオ通り(私の定点観測場所)の北側の空き地はすっかり綺麗な公園になってました。が、いまだ商業センターは完成してませんでした・・・。ホーチミンの成長は安定期かなあ、という印象。5年前と劇的に変わった感はありません。

物価の話にもどるけど、私が5年前からの馴染みの店で食べたPHO Bo(牛肉うどん)一杯が14000ドン。ツーリスト価格なのかどうかはあまりよくわからないのですが。物価は騰がってるのかなあという感じ。10年前は半値の7000ドンくらいが適正だったと思う。ベトナムでも地方ならまだそんなものかもしれないけど。メコンデルタの屋台系おやつはだいたいが1000ドンでしたから。ホーチミンだと2000ドンはとるでしょう。

缶ビールや缶ジュースの価格は変わってないのですね。

女性とオープンカフェで飲んでると、かならずやって来る花売りのバラ一輪の値段は10年前も今も1万ドンでした。

そういえば、フェリーの乗船料も500ドンと変わらず。公共交通機関の値段はかわらないです。

印象に残ったのはやたらとATMが街にあることでした。ほんと便利になりましたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

13/03/2006

スミスリン

洗面所に行くとスミスリンと書かれた容器が置いてあった。

流行っているのよ。シラミ。と妹。

そういえば甥っ子達の頭は、5分刈りがベースのいわゆるスポーツ刈りで、冬だというのにさっぱりすっきりしている。

スミスリンは、おそらく日本では唯一のシラミ用の市販薬なんだけど、久々にこの商品名を耳にする。この前にスミスリンの容器をみたのは5年ほど前の海外だったな。粉だった。詳細はスミスリン使用者の個人情報のために伏せておくけど。

スミスリンの替わりにキンチョールをかけておけばいいよ。などと、もしかしてしらみ経験者らしいO社長が言っていたことも思い出すのだけど。

しみるぞー・・・・らしい。

シラミ類は卵のときは死なないから、もちろん、2,3日に一回、キンチョールということになるね。それも・・・・かなり危険だ。

ちなみに現在のスミスリンはシャンプー式になっていた。2日おきにシャンプーをする。

で、シラミって、いま、日本全国で流行ってるの?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

03/03/2006

スカイ・クロラ

森博嗣の「スカイ・クロラ」「ナ・バ・テア」を読む。3作目もノベルズででてるのだけど未読。別の著作で「少年は未来が無限に広がってると思ってるから少年」みたいなことが書いてあって、スカイ・クロラシリーズの登場人物の飛行機乗りたち。彼ら彼女は、撃墜されたり、自殺、をしないと死ねない「子供」という設定。うーん。SFといえばSF。

「啓示空間 」   ハヤカワ文庫SFを読む。SFの王道です。「このSFが読みたい」の海外部門の3位だったか。いや、こういうのが気楽でいいなあ。しかし分厚すぎるが。1000ページ超え。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道

最近観た映画。

ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」を観る。恋愛映画じゃなくてよかった。なんで恋愛がメインみたいな宣伝するのでしょう。予告編で散々みせられるので、恋愛部分は感動なしだよ。

エリ・エリ・レマ・サバクタニ」を観る。斜め前の客がノイズに耐え切れなかったのか退却。筒井康隆がでてる。登場人物が自殺していくんだけど、ストーリーの流れからは結局みんな死ぬんだと思うんだけど。

ホテルルワンダ」を観る。ルワンダといえば「ルワンダ中央銀行総裁日記」中公新書ですね。ずいぶん昔に読んだな。部屋のどっかにあるはずだが。「ホテルルワンダ」。日本で公開はないと思ってたので、とりあえずみたいな感じで。金券ショップでは前売り券が早々に売り切れていた。(ところで公開要望の運動があったことは全然知りませんでした。えっつ公開決まったんだ?という感じ。)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« tháng hai 2006 | Main | tháng tư 2006 »