« トムソングループ | Main | 勤勉な国民性 »

30/12/2005

これはダメでしょう!?ベトナム民営化ファンド

ユナイテッドワールド証券がベトナム民営化ファンドを売り出すらしい。

これは・・・・ダメでしょう。

手数料が高すぎる。

申込手数料 発行価格の3.675% (3.5%+消費税)

費用 1) 事務手数料:各事業年度の開始日における純資産額の年率1.575%(1.5%+消費税)に相当する金額
2) 投資助言会社に対する報酬:UWインドチャイナベトナムリミテッド(「投資先会社(英領バージン諸島)」)の各事業年度の開始日における純資産額に対して年率2.5%に相当する金額
3) 成功報酬:投資先会社の各事業年度において当該事業年度の収益から費用を減じた額(「当期純キャピタルゲイン/ロス」)に、過年度迄の当期純キャピタルゲイン/ロスの累計額を加算した額が正である場合(「累計純キャピタルゲイン」)、当該累計純キャピタルゲインの20%に相当する金額
4) 業務手数料:投資先会社の各事業年度の開始日における純資産額に対して年率1.0%に相当する金額
5) その他:上記の手数料等の詳細及びその他の費用等については、目論見書本文第二部第1 4【手数料等及び税金】をご覧ください。

103万6750円投資して、申込手数料を引いて100万円です。毎年信託報酬等々で約5万づつ減っていく。3年間のクローズドなので、基準価額が動かないと約85万円。これだけで元本の82%です。利益がでたら、まだ、そこから20%もってかれる・・・。

あと、為替リスクがありますね。ずーっと、ベトナムドンは、ドルに対して値下がりしていってます。ベトナムはこれからも輸出産業が主力となるでしょうから、切り上げていく可能性はないですよね。

とにかく、投資リスク・為替リスク・カントリーリスク以前にこの高額の報酬はどうなの。ということですよ。

このファンドは3年間は売却できないものなのですが(2年延長の可能性あり)、ベトナムの投資に関しては、5年後でも充分間に合うと私は思います。手数料がもっと安かったら、遊びで10万円くらい買ってみようかなと思ったのになあ。

5年後、ベトナムの中国株におけるペトロチャイナみたいな銘柄を見つけて一点買いですね。やはり。欧米の投資家の後追いをしたいと私は思ってます。

|

« トムソングループ | Main | 勤勉な国民性 »

ベトナム関連」カテゴリの記事

Comments

さますのさん。本年もよろしく。

ベトナム株は、時々、友人のベトナム人に情報を聞いてみるのですが、まだ、ぜんぜん盛り上がってませんね。調査をすすめたいと思ってます。しかし、情報なさすぎ。

Posted by: 叫化鶏/nakamiti | 01/01/2006 at 14:17

叫化鶏さん、すかさず詳細な分析ありがとうございます。

私はここまで見てなかったので、参考になりました・・・・(^^;)

成功報酬20%が厳しいですね。他の手数料は、投信でもこの程度のものはありそうですが・・・

ベトナムのこと、叫化鶏さんはお詳しかったと記憶しているので、ベトナム投資に乗り出すときは相談させてくださいね。

来年もよろしくお願いいたします!

Posted by: さますの | 31/12/2005 at 17:20

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44165/44741890

Listed below are links to weblogs that reference これはダメでしょう!?ベトナム民営化ファンド:

» ユナイテッドワールド証券の「ベトナム民営化ファンド」はどうなんでしょうか [乙川乙彦の投資日記]
ユナイテッドワールド証券がベトナム投資ファンドを始めると聞いて、乙もさっそく検討しました。 http://www.uwg.co.jp/vietnam/ によれば、「ベトナム民営化ファンド」というようです。 乙は、ベトナムが次の(中国やインドの次という意味ですが)投資先として有望だとい..... [Read More]

Tracked on 20/10/2006 at 16:09

» 株への投資はやりやすいし稼ぐことができる理由 [ネット株]
今日は「株への投資はやりやすいし稼ぐ事ができる理由」です。株への投資は、ギャンブルと同じです。ただ、パチンコ・パチスロ・競馬など比較し、胴元の取分(株への投資の場合は売買手数料)が低いので株への投資は良心的なのです。競馬は、取分が25%ですから7...... [Read More]

Tracked on 23/07/2007 at 19:14

« トムソングループ | Main | 勤勉な国民性 »