« tháng mười một 2005 | Main | tháng một 2006 »

31/12/2005

勤勉な国民性

勤勉な国民性のベトナム、というキャッチコピーで投資を薦めるというのがパターン。

これ。http://www.uwg.co.jp/vietnam/vietnam/v-vietnam.html

勤勉な国民性の国は。と「国民性 勤勉」でぐぐってみる。

勤勉なのは。

  • 日本人
  • ドイツ人
  • ベトナム人
  • エルサルバドル
  • ソレッタ王国(ドラクエ?)
  • ベラルーシ人
  • インドのムンバイの人
  • スイス人
  • イギリス人
  • チリ人
  • シンガポール人
  • ミャンマー
  • 中央アフリカ
  • ニカラグア

まだまだあると思うけど・・・・。

Science 2005 年 10 月 7 日号ハイライトに「国民性のステレオタイプに真実なし」という論文が載ってる。

http://72.14.203.104/search?q=cache:bBH_6m1HXdkJ:www.eurekalert.org/pub_releases/translations/Sci100705.pdf+%E5%8B%A4%E5%8B%89+%E5%9B%BD%E6%B0%91%E6%80%A7&hl=ja&client=opera

まあ、関係ないということですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

30/12/2005

これはダメでしょう!?ベトナム民営化ファンド

ユナイテッドワールド証券がベトナム民営化ファンドを売り出すらしい。

これは・・・・ダメでしょう。

手数料が高すぎる。

申込手数料 発行価格の3.675% (3.5%+消費税)

費用 1) 事務手数料:各事業年度の開始日における純資産額の年率1.575%(1.5%+消費税)に相当する金額
2) 投資助言会社に対する報酬:UWインドチャイナベトナムリミテッド(「投資先会社(英領バージン諸島)」)の各事業年度の開始日における純資産額に対して年率2.5%に相当する金額
3) 成功報酬:投資先会社の各事業年度において当該事業年度の収益から費用を減じた額(「当期純キャピタルゲイン/ロス」)に、過年度迄の当期純キャピタルゲイン/ロスの累計額を加算した額が正である場合(「累計純キャピタルゲイン」)、当該累計純キャピタルゲインの20%に相当する金額
4) 業務手数料:投資先会社の各事業年度の開始日における純資産額に対して年率1.0%に相当する金額
5) その他:上記の手数料等の詳細及びその他の費用等については、目論見書本文第二部第1 4【手数料等及び税金】をご覧ください。

103万6750円投資して、申込手数料を引いて100万円です。毎年信託報酬等々で約5万づつ減っていく。3年間のクローズドなので、基準価額が動かないと約85万円。これだけで元本の82%です。利益がでたら、まだ、そこから20%もってかれる・・・。

あと、為替リスクがありますね。ずーっと、ベトナムドンは、ドルに対して値下がりしていってます。ベトナムはこれからも輸出産業が主力となるでしょうから、切り上げていく可能性はないですよね。

とにかく、投資リスク・為替リスク・カントリーリスク以前にこの高額の報酬はどうなの。ということですよ。

このファンドは3年間は売却できないものなのですが(2年延長の可能性あり)、ベトナムの投資に関しては、5年後でも充分間に合うと私は思います。手数料がもっと安かったら、遊びで10万円くらい買ってみようかなと思ったのになあ。

5年後、ベトナムの中国株におけるペトロチャイナみたいな銘柄を見つけて一点買いですね。やはり。欧米の投資家の後追いをしたいと私は思ってます。

| | Comments (2) | TrackBack (2)

27/12/2005

トムソングループ

昨日のコメント欄でたのさんに質問されたんですが。ぐぐっても見つからなかった。TOMSONだったんですね。THOMSONでぐぐってました。不動産関係は疎いんですよね。私。Qさんのところも最近は読んでないし・・・。

コードを教えてもらったので探したら、中国名は湯臣集團有限公司(0258.HK)でした。この字面には確かに見覚えが・・・。で、最近のこんなニュース。

湯臣(0258)上海豪宅「湯臣一品」工地起火 12月 23日 星期五 08:42 更新

これに関しては私がいつも読んでいる中国不動産投資コンサルタントというブログに記事がでてました。(このブログの左コラムにあります。)2005年11月01日に湯臣のマンションのエントリーがあって、2005年12月23日は上海:マンション建設現場で火事、摩天楼すすで真っ黒という記事。

火災は 22日13時前(現地時間)に発生。

tomson 株価は影響なかったみたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

26/12/2005

mixiにはいった5 実名性 装うこと。

mixiをはじめとしたSNSにいくつもはいってみてわかったんだけど。

まず入会する。自己紹介を書く。

たいていは用意されたフォーマットに従って個人的な情報で埋めてゆくことになる。どんな映画が好きだとか、どんな言葉が気になるとか。そんな事はささいなことなんだけど。ついさっき入会するまでは、素の自分がいたのに、プロフィールを埋めているうちにどんどん、装ってる気がしてくるのが不思議。

おれはこういう人物なんだあ。と、こう、実名性を担保にして装うわけね。

以下、http://jeff.ecjapan.jp/html/whats_sns.htmlから引用。

SNSとは
ソーシャルネットワーキングサイト(SNS)の概要

ソーシャルネットワーキングサイト(Social Networking Site、ソーシャルネットワーキングサービスとも言う)とは、登録者同士が、趣味や仕事や出身等の共通属性でネットワークを構築で出来るサービスです。また入会には既存会員からの招待が必須条件となっており、インターネットの特徴である匿名性を排除し、ユーザーに信頼感、安心感を提供しているのも特徴です。(略)

私にとっては「インターネットの特徴である匿名性」というのが、信用してないから、結局はわからない説明なんだけど。(「2ちゃんねる的匿名性」ならわかるよ。)つまりは「ユーザーに信頼感、安心感」を与えるという一点がポイントということでしょう。こっちが本筋。招待状システムなんてその演出のひとつ。

信頼感、安心感なんて、ビジネスだったら、しごく当たり前のことだけど。結局はそのへんか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スクランブルスーツの匿名性

ところで。

私は前々からネット上で匿名性を保つにはスクランブルスーツ方式があるじゃないか?と思っていて、このことは、すでに誰か、思いついて書いているんだろうなあ。と、ばくぜんと考えていた。ぐぐったけどみつからない。しかたないので自分で書きました。そういうことです。P.K.ディックですね。

説明は省きます。

毎日、毎時、毎分、様々な組み合わせのネット人格でネット上をうろうろすると・・・。結末は読もう。↓

オンライン書店ビーケーワン:スキャナー・ダークリー 早川SF文庫 新訳

オンライン書店ビーケーワン:暗闇のスキャナー 創元SF推理

3cDICK

サンリオSF文庫版(絶版)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

中国株のまとめ

日本株ばかりいじっていて、中国株はすっかりおろそかになってました。今年後半に買った株のまとめと感想。(前半は下げたB株を主に少しづつ買ったのですがまるで全然だめ。電力株だったので原油高が直撃でした。)

0357.HK MEILAN AIRPORT

海南島の空港運営会社。やっと戻してきました。長期的には大丈夫だと思うんだけどなあ。乗客数などの業績はイマイチです。

0130.HK MOISELLE INT'L

今年、いれこんだ銘柄。小型株なので値動きは激しいが、中国本土進出が成功すればインパクトは大きい。下がったところで買い増したので現在プラスです。

0709.HK GIORDANO INT'L

香港ディズニー効果がはげ落ちたら、とたんに地味な動きに。日本進出が成功して有名になるのを期待する。全部売ってMOISELLE INT'Lにかけるべきか。と思ったりした。

0694.HK BEIJING AIRPORT

いまや、個人的にいちおし銘柄です。乗客数・貨物数が毎月発表されるので業績がわかりやすい。中国政府の肝いりで外交戦略でボーイングなど、飛行機がどんどん買い付けられている。首都空港でハブとなるのは間違いないから恩恵をうけるはず。航空会社のように原油高は関係ない。

1198.HK CHITALY HOLD

M&Aの動きを見せると、いつも軟調になるこの銘柄。今年はうまく買い増せました。

8073.HK RECRUIT

香港ディズニーランドOPENで人手不足!人件費高騰!が香港小売業を直撃した。もしかしたら求人情報誌のこの会社が伸びるかもと少しだけ買ってみた。注目されませんでした。ほんとは人材派遣業をやってる会社を買いたかったがみあたらず。

売買しなかったが成績の良かった保有株。

1044.HK HENGAN INT'L  2899.HK ZIJIN MINING

すーっと持ってます。優秀です。今年前半に買い増せば良かった。

あとの銘柄は、ぼちぼちですね・・・・・。すべてひっくるめてプラス4%ですから。日本株のほうがパフォーマンスは・・・・。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

mixiにはいった4 見ると見られる メモ書き

Mixiにはいった3 気持ち悪い のエントリーで

    • 1位 「あしあと」機能が気持ち悪い
    • 2位 個人ブログにmixiからリンクされるのが気持ち悪い
    • 3位 クローズドで覗けないのにニュースになるなんて気持ち悪い
    • 次点 デザイン変更ができないのが気持ち悪い

と勝手に四つ上げたのだけど、よーく考えてみると。

  • 1位 は見ていることが残るのがイヤ。または、見られているのが残るのもなんとなく気持ち悪い。
  • 2位 自分のブログは見られているのにmixi内でどう書かれているか、見れないからイヤということ。
  • 3位 は単純に中身が見れないからヤダ。
  • 次点は 見せたい。でもあんなデザインはイヤだ。

見たいんだけど、その行為を見られたくない。

こっちからは見えないところからやってきて、見られるのはイヤ。

見れないのはイヤだ。かっこよく見せたい。

そういうことですかねと、メモ書き。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

フレパに入ってみた

mixiとまったく同じというライブドアのフレンドパークに入ってみた。

ほんとにまったく同じだった。さすがだ。(マネするときは本家より高機能にしてはいけない。NECの98シリーズとEPSONの98互換機の時代からそう決まっているのです。)

しばらくうろうろした。半日後メールがきた。

こんにちは、****さん。
livedoor フレパです。

あなたに*****さんからのリンク申請が届いています。
*****さんのプロフィールや、リンクの許可などについては
以下のURLから確認してください。

■リンク申請を確認する場合はこちらから 以下URL

■*****さんのプロフィールはこちら 以下URL


みんながつながるコミュニティサイト

livedoor フレパ
http://frepa.livedoor.com/

ろくにプロフィールを書いていないのに変だなあ。と、見に行くと。*****さんの外部ブログはエログだった・・・・・。知らない人とリンクしてはいけませんね。まあ、ライブドアらしいといえばらしいけど。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

25/12/2005

mixiとNIFTY並べてみた 単なるメモ

mixiとニフティの沿革を並べてみた。赤字がmixi関連。太字が会員数。mixiのほうの沿革で本社移転などは省略した。iモードもちょっとだけ調べてみました。斜体です。

追記。眺めていて思ったが。ココログ(ブログ)とmixiの開始がほとんどかわらないのが興味深い。

  • 1986年 2月 「株式会社エヌ・アイ・エフ」として東京都千代田区で誕生
  • 1987年 4月 "NIFTY-Serve"サービス開始
  • 1988年 7月 「オンラインショッピング」を開始
  • 1990年 4月 NIFTY-Serveの24時間提供を開始
  • 1991年 4月 社名を「ニフティ株式会社」に変更
  • 1992年 5月 WIDEインターネットとの相互接続実験を開始
  • 1994年 6月 InfoWeb法人向けサービス開始
  • 1995年 4月 NIFTY-Serve会員数100万人達成
  • 1995年 4月 InfoWeb個人向けサービス開始
  • 1996年 1月 インターネット接続サービスを開始
  • 1996年 9月 NIFTY-Serve会員数200万人達成
  • 1997年 11月  デジタル系求人サイト「Find Job !」の運営を開始
  • 1997年12月 ホームページ開設サービス「メンバーズホームページ」を開始
  • 1998年 1月 海外ローミングサービスを開始
  • 1999年 2月 NTTドコモ iモード開始。
  • 1999年 6月  有限会社イー・マーキュリーを設立(資本金300万円)
  • 1999年10月18日 NTTドコモ iモード 200万人を突破
  • 1999年11月 NIFTY SERVE、Infoweb両サービスを統合し、新サービス「@nifty(アット・ニフティ)」を開始
  • 1999年11月 @nifty海外アクセスポイント提供開始
  • 1999年  11月  オークションサイト「eHammer」の運営を開始

Continue reading "mixiとNIFTY並べてみた 単なるメモ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Mixiで調べてみた 2

19のコミュを調べてみた。活発そうな=参加人数の多いモノを10くらい+趣味。のべ参加人数は174158人である。

で、発言が一日いくつあるか。多くて、すべてのコミュの発言を足して30発言くらい。比率で言えば0.017%。(特に、意味のある数字ではない。けれど、mixiに入る前に想像していたよりは、びっくりするほど少なかった。)もちろん、私の好みのコミュを選んだので、選び方によっては違うと思うけど。クローズドのコミュは活発なのかもしれない。楽に目をとおせる範囲だから適正なのかな。

またまたNIFTYの話になるけど。NIFTYの発言者も会員の数%だったと某フォーラムで聞いたことがある。99%がROM(READ ONLY MEMBER)と言っても間違いがなかったのかもしれない。(会話ではたぶんそう言ってたかも。)正確なデータはあいにく持ってないけど。世間で思ってるより、書き込みができる=文章を書ける人、は少ないんだなあ。というのが、当時の私の感想。

面白そうなメッセージを読んで、あとは友人同士で日記やクローズドのコミュニティで楽しむ。という使い方が多いのかもしれない。携帯電話でのメール普及で文章を書く人が増えたのかもしれないが、そのへんもよくわからない。

コミュは「ネタ」的なものが一気に増えてきているように思われる。

なんか、思いついたら、また調べてみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

24/12/2005

Mixiで調べてみた

調べてみた。Mixiの海外SF関連のコミュニティ(以下コミュ)の参加人数です。さすがに1位から3位はSFで検索してもでてこない。(検索対象の内容説明に「SF」のワードが入ってない)

大御所はジャンルを超えているんですね。決め打ちで探しました。4位からはカテゴリ=本マンガ。キーワードをSF で検索して拾い出し。3位から4位までの間に誰かが抜けてる可能性もあるんだけど。たぶん、これでいいと思う。ハインラインとブラッドベリは作品別のコミュがある。アーシュラ・K・ル・グィンはジブリ関連のゲド戦記コミュができてました。

順位 コミュニティ名            参加人数  12月24日調べ

1位  知の巨匠 アイザック・アシモフ   694人
2位  フィリップ・K・ディック                  693人
3位  Greg Egan - グレッグ・イーガン   408人
4位  アーシュラ・K・ル・グィン          354人
5位  アーサー・C・クラーク         323人
6位  ハインライン万歳            317人
            (夏への扉       134人)
7位  P・ホーガン               316人
8位  レイ・ブラッドベリ            294人
           (たんぽぽのお酒  202人)
9位  ジュール・ヴェルヌ           258人
10位 ジェイムズ・ティプトリー・Jr.      235人
11位 スタニスワフ・レム           233人

追記 バラードが抜けてた。300人で 8位くらいかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

23/12/2005

Mixiにはいった3 気持ち悪い

「mixi 気持ち悪い 」でぐぐってみたら、いろいろなことがわかった。

あくまで、わたしの考えで順位をつけてみる。

1位 「あしあと」機能が気持ち悪い

2位 個人ブログにmixiからリンクされるのが気持ち悪い

3位 クローズドで覗けないのにニュースになるなんて気持ち悪い

次点 デザイン変更ができないのが気持ち悪い

こんな感じでしょうか。コミュニティのあり方がどうとかいう意見もありましたけど、面倒なので外しました。面倒なのはスルーするのがこのブログの趣旨なものですから。あと匿名性の問題もね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

更新テスト

またしても、設定をいじっています。更新通知をする設定にしました。やはり、完全オープンにしたということですね。

および、Mixiの日記をこころぐの「デフォルト」のページにリンクするようにしました。どういうことかというと、デフォルトページをクリックひとつで変更できるので、気分次第で、日記のベースが時々に変えられるということです。Mixiが更新を拾うのが4時間に一回らしいので、頻繁にかわることがないとは思います。時々変わっているかもです。まあ、気分次第なのでよくわからないけど。またもとに戻すかも。

どうもこの設定にするとMixi が更新を拾ってくれないようなので戻しました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Mixiにはいった2

昨日mixiの感想を書いたらガ島通信さんが[ネット]mixiという幻想の共和国、そこは内ではなく外であるというエントリーを書いておられた。あまりにタイミングがあったのでトラックバックを送らせていただいた。

「ブログはちょっと怖いからやっていないけど、ミクシィならやってますよ」という言葉を聞く事が多くなりました。「招待制」というシステムだからか、まだ、十分にマナーが確立していないインターネットという荒野の「内側」にいるような安心感があるのですが、冷静に考えれば「外」なわけです。招待制、インターフェイス、雰囲気…、いろいろなことが重なり「外」を忘れさせる装置となっているのでしょう。

私は昨日のエントリーで「気持ち悪い」というような単語を使ったのだけど。

それにしても、mixiの「内側」感の作り方、構造には興味深いものがあります(ビジネスである以上、意図して作り出しているのだろうし、ディズニーランドの「雰囲気作り」に似たようなものなのだろうか?)。社会学者あたりが分析してくれないものかな…

この「「外」を忘れさせる装置」=「雰囲気作り」が気持ち悪さの原因なんだろうかとふとおもった。

長いあいだ会っていなかった、私がダカツのごとく嫌っている男にmixiの友人の友人つながりでつながってしまい、すごくイヤなきがした。友人の友人に嫌いな人がいるなんていう確率も、現実にはすごく高いだろうとおもう。

日記なんか読まれたくないよ。

かってNIFTYの会員が200万人数百万に(実際に年代を調べてみたんだけど不確かなので訂正。200万人は節目だとは思っている。)迫ろうという頃、初心者がすごくふえて、とたんに会議室(コミュみたいなもの)がつまらなくなった。自己紹介をはじめとした、表面上のやりとりばかりが多くなって、濃密なコミニュケーション感がなくなったからだと思う。逆に癖のある議論でつっかかるような変な人が減ったようにはかんじた。過ごしやすくなったが物足りない。

古くからのメンバーはクローズドのパティオを作るか、NIFTYの外のwebに散っていったとおもう。ブロガーになったりもしているようだ。SNSもそろそろそんな時期か?

| | Comments (1) | TrackBack (1)

22/12/2005

Mixiにはいった

ソーシャル・ネットワーキングサイトのMixiに招待してもらった。ああもう旬は過ぎてるんだなあ、という感想。今までにも、入るきっかけはいくつもあったのだが。

「Mixiは気持ち悪い」なんていう批判がときおり書かれているブログがあったりして気がすすまなかった。(まずソーシャル・ネットワーキングという名前が気持ち悪いよね。)

Mixiを一通り探検してみた。

知人をみつけてマイミク登録。自分のHOMEと知人のHOMEをリンクさせること。誰と登録しているかが公開されており、リンクされた日記の更新がわかるようになっている。友人の友人という風に渡り歩くことができる。

コミュを登録する。登録したコミュニティに新しいメッセージが書き込まれると自分のHOMEに表示されるようになっている。とりあえず、どんどん登録してみた。

あしあと。誰が自分のHOMEを参照したか履歴が残り、交流が生まれやすいようになっている。

やってる人はわかると思うのでこのくらいにして・・。

Continue reading "Mixiにはいった"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

21/12/2005

T氏の死の真相 2

別のブログに書いたモノを転載する。倒産その後。H社の思い出、書き出したらとまらない。とういうタイトルだった。亡くなったということで加筆訂正した。

会社の倒産の話をしばらく前に書いた。昨日、続報の電話が入った。

「ベトナムのH社は今月で消滅だ。P社は民事再生から会社更生に切り替わったようだよ。」

ベトナムのH社とは私がしばらく技術顧問だった(肩書きだけは立派なのだ)会社だ。T氏が

「南ベトナムのアメリカの軍事顧問と同じですね」

とギャグを飛ばしていたものだ。南ベトナムが消滅したように、実際に会社が消滅となっては・・・苦笑いするしかない。

この情報は私たちの料理をいつも作っていたN姉さんから元副社長Iさんに第一報が入った。N姉さんは日本語が堪能ではないので、ハノイの元通訳CUONGに連絡するように指示される。やっとIさんへCUONGから日本語で連絡。そしてIさんから電話をうけた私がこのブログにメモするわけだ。こういう情報網を作っているIさんもなかなかスゴイと思う。もともと電話好きで情報通だったのだが。浪花節的なところもあって従業員からも好かれていた。ベトナムで上手くやっていくと思っていたのだが。

Iさんは、この春に「従業員を連れて独立を画策している」という理由で解雇される。ほんとかどうか、詳しくは知らない。Iさんからの話は、「N社長が香港の口座にバックマージンを送金させているのを知ったから」だと。

話にリアリティはある。積極的に関わりたい部分ではないけれど。

実はベトナム女性の取り合いという話もある・・・。これも積極的に関わりたい部分ではない。なにしろ、その女性がN姉さんというんだから。まったく。

突然 T氏の話

当初、T氏という日本国籍のベトナム人が通訳をしていた。彼が日本留学中にベトナム戦争が勃発。そのため難民となった人物である。留学先は東京大学。その後、日本人女性と結婚し、日本国籍を取得したという、なかなか、込み入った人生である。

Continue reading "T氏の死の真相 2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

20/12/2005

T氏の死の真相

やはりイニシャルにしておこうと思って、タイトルをT氏に変えた。T氏って誰?っていう質問をいただいたのだけど、有名人ではないから、ぐぐったって出てこない。そのまま歴史にのこるわけもなく消えてしまう、ごく普通のただの人である。私は書いておきたいと思った。それだけ。

ある日の朝、出勤時間を過ぎても、彼はいっこうに会社にあらわれなかった。「様子をみてきてくれ」社長は、事務員または経理長あたりに告げる。長年暮らしていたTANGLONGホテルの部屋の前。呼んでも返事がない。ホテルの従業員が合い鍵でドアを空ける。ベッドの上でやせ細った初老の男は冷たくなっていた。

ミステリーなら、他殺か自殺か、密室?という風に話が転がりはじまるところだ。日本なら変死ということで検死が行われるはずだろう。ベトナムの地方都市である。病死と片づけられて終わりだったと思う。国籍は日本人だから、本来ならばニュースになったかもしれない。繰り返すけど、ここはベトナムの地方都市なのだ。かって、このTANGLONGホテルの裏に他殺体がみつかったことがあったらしい。もちろん、新聞でもテレビでも報道されることはなかった。私もベトナム従業員から耳打ちされて聞いただけで。もちろん噂である。しかし、こういった後進国では噂が正しいことが多い。死体があったのは本当だと私は信じた。

Continue reading "T氏の死の真相"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

19/12/2005

ベトナム株は

先週土曜日に、通訳ベトナム人CUONG君が来日したので飲み会をした。出席者は貿易会社社長のH氏。通訳のCUONG君。私を含めてかってのベトナム仕事仲間の日本人3名の計5名。食事をしながら、こんなレストランはベトナムではどうですか?との話にはH社長は客単価が30ドルで1日3回転で云々・・となかなか慣れた返事。既にいろいろな案件を手がけてきたか。ベトナムの株はどうでしょう?という私の問いには

「儲かるかもしれないが、非常に危険だね」

とやめたほうがいいというニュアンスを感じさせるコメントであった。

最後にH氏のデジカメで記念撮影。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

17/12/2005

ベトナム人を大阪で迎撃

ハロン湾で、毎夜毎夜、二人でうだうだビールを飲んですごしていた。仲良かったベトナム人通訳のCUONG。

彼が大阪に来ているので、今晩は迎撃に行く予定。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

14/12/2005

更新テスト中 2

プロフィールに使っているコーン画像は、グリーンクロスという九州の会社のHPにありました。

c109-1 当社取扱商品でオリジナルアイコンを作ってみました。
ご使用はフリーです。ご自由にお使いください。

需要があるかどうかは不明。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

更新テスト中

更新テスト中です。

プロフィールに使っているのは海外のモンタージュサイトで作ったんですが、どこだったかURLがわからなくなりました。誰かのブログで紹介していたのですが。誰のブログかもわからない。

似せたつもりですが、もっとふざけたモンタージュにすればよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マクド

とりあえず作ってみたがPINGを打たない設定のまま。テレビが証人喚問をやっている。

全然関係ないが、上海にマクドのドライブスルーができるらしい。

MCDONALD'S will open its first drive-thru restaurant in Shanghai this month to compete with KFC, the Oriental Morning Post said today.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

13/12/2005

つくってみた

Mixi用につくってみた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

08/12/2005

ジェイコムショック知らなかった

ジェイコムショック全然知りませんでした。お昼に証券会社銘柄が安かったはずです。マネックスはジェイコムの主幹事のうちの一社だったんですね。別に即、売らなくてもよかったな。いちよし証券と野村証券を買ったからいいか。冷静に考えれば野村証券の誤発注でなくてよかったということですけど・・・・・。↓

みずほ証券が誤発注=ジェイコム株式

 みずほ証券は8日、本日のジェイコム  <2462>  の株式取引において売買注文を入力する際の誤りにより、関係者に多大な迷惑をかけたことを深くお詫びする、と発表した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« tháng mười một 2005 | Main | tháng một 2006 »