« 倒産その後。H社の思い出、書き出したらとまらない。 | Main | 久々にGEM銘柄新規買い »

01/11/2005

まだまだ。H社の思い出、書き出したらとまらない。2

T氏の話を書いたのだけど、なんか自分の仕事を邪魔された愚痴だけ?に読めてしまう。うーん、まあ邪魔されたのは確かなのだけど。

ベトナム、せっかくだからベトナム株について、少しだけ。ベトナム株については、まったく期待していない。まだまだ先。

というのはベトナム戦争の影響が大きい。ベトナム戦争は1960年から1975年である。この時代に教育を受けた層が、社会を担う40代、50代になっている。どっぷりと共産主義教育の年代である。これは、キツイ。資本主義の知識・経験が乏しい。官僚主義にもどっぷり。ベトナム戦争を潜り抜けてきた60代、70代はやり手だが・・・。

というわけで、サイクル的にまだ、時間がかかるんじゃないかと。

中国企業の財務諸表はあてにできない、などといわれるのだけど、ベトナムの国営系の企業の財務内容も、中国よりも酷いのじゃないかと勘ぐっている。

前のエントリーで裏金とかバックマージンとかの話を書いた。まるで日本の文化のような書き方だったけど。じつのところ、ベトナムでは半ばシステマティックに行われていて、

 それが出来ないのは能力が劣っているから。

というのがごくフツーの考え方のようで。まるで罪悪感はない。出世するというのはそういう利権を手に入れるということだからなんだろう。共産主義国で、だいたいが国営企業だから、名目の給料はかなり安いんだろうけど。それには裏の収入がかなりあるということですね。幹部用のプール金があるのも普通のようだし。

毎年、予算がつくというシステムだとこうなっていくのでしょうか?日本でも公的な機関では、そういう事例が結構ありますからね。

新入社員採用の決定権があれば、新規採用時に月給の6ヶ月分の袖の下をもらうなんていうのはごく通常のシステムなのだった。いやはや・・・。人事の担当になりたかった。

ベトナムへの進出は独資に限りますね。合弁はやるべきじゃないです。異文化コミニケーション体験をやってる場合じゃないので。「ベトナムではこうなんだ・・・」なんていう話をいちいち聞いていては仕事がすすみませんからね。

私がいた会社のベトナム人副社長(国営系企業からの派遣)なんか、まさに「親方日の丸」で、自動的にお金が振り込まれるみたいな感覚。経費節減の意味がまるでわかってなかった。月末に、余ったら、幹部で山分けしそうな勢いでしたよ。

で、話しを戻して、具体的には、既存のベトナム企業の財務諸表の中身はどうなのよ?と

いうことです。会計については、ベトナム国営企業の会計担当者より、財務諸表をみて投資するような日本の個人投資家のほうが絶対に詳しいですよ。

しかし、中国株で銘柄を選ぶときに、このベトナムの経験が災いして、国営企業を避けよう、避けよう、というのが過剰に働いてしまった・・・・。そんな反省もあるのだけど。

また、くだらないことを、ながなが書いてしまった。

おまけ。ベトナムのニュースはこれ、BAO THANH NIEN。直訳すれば、青年新聞。共産党の青年部かな?

http://www.thanhniennews.com/ 英語版

http://www3.thanhnien.com.vn/news/default.aspx ベトナム語版

ベトナム株の株価はベトナム語版の左サイドバーの Chung khoán onlineという部分をクリックすればみれます。Báo cáo ket qua tài chính(直訳すれば財政結果報告)もみれるようです。さすがにこれをみて分析してみる気力はないです。

|

« 倒産その後。H社の思い出、書き出したらとまらない。 | Main | 久々にGEM銘柄新規買い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44165/44741838

Listed below are links to weblogs that reference まだまだ。H社の思い出、書き出したらとまらない。2:

« 倒産その後。H社の思い出、書き出したらとまらない。 | Main | 久々にGEM銘柄新規買い »