« 疑問 海南航空 | Main | ソロス、海南航空を再編成 »

15/10/2005

楽天のTBS買収について・・毒丸はどうなる

ライブドアのニッポン放送買収問題の時。コメンテーターやテレビでの時事評論家のコメントぶりは酷かった。事実誤認と初歩的な間違いだらけ。株式投資はまだマイナーなんだなあとつくづく思ったものです。

あれから、買収や株式投資についてテレビ(ワイドショーなど)でよくとりあげられるようにはなったけれど。。経済評論家?は必ずしも株式に対して詳しい必要もない・・いや必要だろうね・・・とにかくきちんと資料を調べていないんだなあと再認識することが。

そう、今回のTBS敵対買収防衛策について、こんな解説をしていた。

TBSの株価が上がってしまったので、第3者割当増資をしても、充分な株数にならず、敵対的買収防衛策(ポイズンピル)の効果がない。(読売テレビにでてた人)

TBSの株価が当初行使価格の4000円に近づいたので日興プリンシパルは引き受けの旨みがなくなった。(フジテレビにでてた人)

うーむ。・・・・・2番目のは特に意味わからん・・・・・・・・・・・。いや、私が理解していないのかな?自信がなくなってきました・・・・。

”ネットやビジネス、経済に関わることについてコメントするblog”の磯崎さんのブログ islogueにはこう書かれている。

一社にだけ割り当てる問題点
加えて、今回のTBSさんの買収防衛策(「新株予約権プラン」の方)は、日興プリンシパル・インベストメンツ株式会社が持っている新株予約権の公使価格が、「かかる事由の発生日に先立つ6ヶ月間の各取引日における当社普通株式の終値の平均値に0.9を乗じた額に修正される。」ということになってます。

行使価格は修正されるのだ・・・。

一応、私も該当するPDF(上記の引用内のリンクです)を読んでみた。(株式投資しているものの常識として「必ず元情報を確かめろ」なのである。)ちゃんと書いてあります。

三木谷社長も記者会見で「敵対的買収防衛策は株主の利益が失われる」というようなことを言っていた。(と思うのだが・・・ネット上を探してもそういう発言のニュース記事がみつかりませんけど。)

TBS20051014磯崎さんはこうも書いてます。

この条件だと、上のチャートのとおり現在の時価に対してめちゃくちゃ低い行使価額になっちゃうわけで、ニッポン放送の時と同様、多くの一般株主(今度は機関投資家もまだ大量に保有してますし)を敵に回すことになります。

このへんのことが株式投資をやっていない、いい加減な経済評論家にはピンとこないんでしょうか。

昨夜のニュースステーション。狭山展生氏+村上世彰氏を迎えたのだが、「ベネフィットって何ですか?」と村上氏に聞いた古舘伊知朗、久々に面白かった。テレビに出て解説している人ではM&A専門家の狭山展生氏が一番信頼できますね。

(サイトはhttp://www.nobuosayama.com/ithink/です。)

全然関係ないけど中国語ではポイズンピルは「毒丸」というそうです。タイトルに使って見ました。

|

« 疑問 海南航空 | Main | ソロス、海南航空を再編成 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44165/44741817

Listed below are links to weblogs that reference 楽天のTBS買収について・・毒丸はどうなる:

« 疑問 海南航空 | Main | ソロス、海南航空を再編成 »