« tháng chín 2005 | Main | tháng mười một 2005 »

30/10/2005

倒産その後。H社の思い出、書き出したらとまらない。

会社の倒産の話をしばらく前に書いた。昨日、続報の電話が入った。

「ベトナムのH社は今月で消滅だ。P社は民事再生法から会社更生に切り替わったようだよ。」

ベトナムのH社とは私がしばらく技術顧問・・・・名前だけは立派だ。後述するT氏が「南ベトナムのアメリカの軍事顧問と同じですね」とギャグを飛ばしていたが、実際に会社が消滅となっては思い出すと苦笑いだ。

とにかく、その技術顧問、まあ早い話が単なるアドバイザー、として関わっていた会社がH社なんだけど。親会社であるP社が、清算することになったということ。日本から3人が調べにきたという。(換金性の高いような原材料を、意識的に日本から過剰に輸入したりしての在庫として持っているようなことをしていなければ、たいした資産はないはずだと思うが・・。そのあたりを疑って調べにきたのだろう。)

この情報は私たちの料理をいつも作っていたN姉さんから元副社長に第一報が入ったらしい。彼女は日本語が堪能ではないので、ハノイの元通訳に連絡するように指示される。やっと元副社長へ元通訳から日本語で連絡。そして元副社長(元上司になる)から電話をうけた私がこのブログにメモするわけだ。こういう情報網を作っている元副社長もなかなかスゴイと思う。もともと電話好きで情報通だったのだが。浪花節的なところもあって従業員からも好かれていたのだが。

しかし、元副社長、この春に「従業員を連れて独立を画策しているという」、理由で解雇される。ほんとかどうかは、詳しくは知らない。元副社長側からの話だと、「現社長が香港の口座にバックマージンを送金させているのを知ったから」だと。話にリアリティはあるけど・・・積極的に関わりたい部分ではない。

実はベトナム女性の取り合いという話もある・・・。それは、なんだかだが。

元副社長・元通訳と元がつくのは、既に何回も日本側の経営陣が入れ替わっているからだ。元副社長も2代目の副社長である。

入れ替わるたびに、業務に習熟したベトナム人が会社を去っていった。

ベトナムでの仕事で一番重要なのはマネージャークラスの人材であることをわかっているのだろうか?

と大上段に構えてえらそうに言うつもりはないのだけれど。私がいろいろと教えてきた部下が去っていくのは寂しい。小さな会社だったのに従業員もひとつにまとまっているとはいえなかった。もちろん若い会社であるからだろうけど。当たりまえだが、能力のあるベトナム人は経営陣から重用される。ところが、経営陣が入れ替わると、それを理由に首を切られてしまう。従業員との信頼関係がないのだ。これがベトナム式なのか日本式なのか私には判別がつかない。

結局、周りには能力のないイエスマンだけが残っているような現状だったらしいから、業務的には先行きは暗かったろうとは思う。

H社は3割はベトナム側が出資していた合弁会社だった。ベトナム側の出資は土地使用権と海面使用権。日本側が出資した部分には、数年にわたる試験操業時の経費を研究開発費や技術料などという理由でかなり組み入れられていた。はず。資本金*億円くらいの小さな会社だ。

実際のところ、最初に出資した日本の会社は民事再生法適用でP社に経営権を譲ったが、結局P社も倒産ということになったのだ。

突然 T氏の話

Continue reading "倒産その後。H社の思い出、書き出したらとまらない。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

28/10/2005

中国株雑感

よく下がってます。私のPFも+1%くらいになってしまいました。日本株PFはまあまあなので、全体としてはそれほど痛手はないんですけど。ついつい日本株ばかりに目がいってしまいますね。

こういうときは、業績が良い銘柄を買い増す一手ですが。来月、11月は松井証券が手数料無料キャンペーンをするようなので、いいタイミングになるといいなあ。と思います。

Continue reading "中国株雑感"

| | Comments (5) | TrackBack (0)

24/10/2005

サッポロビール・第3のビールの増税の影響

週末は飲み会だったのだけれど。友人が幹事で、彼は勉強熱心な酒屋だということもあり、いつも旨い酒をチョイスしてくれる。ので、私はまったく銘柄が覚えられない。さて。

「第3のビールが増税されたらサッポロが困るんじゃないの?」という疑問をぶつけてみた。ちなみにこんなニュースが出ている。

サッポロ社長 「第3のビール」増税に絶対反対の意向表明

「困るのは他の大手ビールメーカーだよ。」というのが友人の回答である。現在のビールと上手く差別化ができないからだという。飲んでる席なので細かいツッコミはしなかったが。

おそらくこういうことだと思う。

Continue reading "サッポロビール・第3のビールの増税の影響"

| | Comments (2) | TrackBack (1)

23/10/2005

名簿収集作戦のライブドア

ライブドアがセシールを子会社化するらしい。ライブドアのM&A戦略は、記憶によれば

  • 参入障壁がある・または免許を持っている企業。
  • 多くの会員を抱えている企業。

だったように思う。放送局とか会計ソフトの会社とか出会い系サイトまで。とにかく免許と名簿です。最近は名簿収集に力を入れているんでしょうか。

今回。 セシールは、女性を中心とした約1500万人の優良な登録顧客を持っているとか。ホリエモン、1500万人の名簿ゲット!そういえば俳句ブログも買収してたけど、あそこってどのくらい会員いたのだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

20/10/2005

日本のディズニーランドも不振?

10月20日の週刊木村剛。[ゴーログ]ディズニーランドは「買い」か「売り」か?でした。このブログで散々香港ディズニーランドのネタを振ってきたので、木村氏が触れているのもてっきり香港ディズニーランドのことなんだろうと勝手に思ったら、日本の東京ディズニーランドでした。

  皆さん、こんにちは。木村剛です。ウチのかみさんと息子たちは、ディズニーランドが大好きでして何度も行っております。時間を無駄に過ごすことが嫌いな私なぞは、「行列で待っている時間がもったいないではないか」とついつい心の中で思ってしまうのですが、私以外の家族はそうでもないようでして、ディズニーランドの魅力と言うのは大したものだと感心しておりましたら、最近はそうでもないとか。「くまさんの自立」さんが、こう書いています。

ということで、最近、(日本の)ディズニーランドの魅力が落ちてきたという「くまさん」の言葉が引用されているのです。

いや、とにかく、私的には香港ディズニーランドなんですよ。(関連株の買いポジション持ってるという欲得がらみですが。)

香港ディズニーランドは、開園当初に待ち時間が長い。(中国の方々も行列が嫌いなようです。)サービスが悪い、と、すっかり香港ディズニーランドは評判を落としました。そのせいかどうかはわかりませんが、この前の国慶節の連休でも思ったように客足が伸びなかったのです。

木村剛さんのご家族には是非とも香港ディズニーランドの様子を見てきて欲しいものです。

ブルームバーグの「Disney provides more jobs in HK 」という記事によれば、とりあえず失業率も減ったし、香港政府的にはOK?みたい。

反面、香港の小売業は人手不足により賃金水準があがって困っているはずなんですけど。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

17/10/2005

浙江玻璃が製造するソーダ灰ってなに?

浙江玻璃(0739.HK)を調べていたんですが、ガラス業界について述べているブログ発見。ジュンヤの中国株投資日記です。10月4日のガラス業界について一考という記事を引用します。

んで、浙江ガラスで気に入ったとこ具体的に言うと
原材料の高騰の対策として
ガラスの材料の純炭酸ソーダ生産ライン2本を建設予定で
これによってコスト削減をしようというのが
理に適っていて好きです

株価的にも新株発行と決算が良くなく下げてくれたので、
今買って放置したとしても安心できます

浙江ガラスの戦略は本当に的を射てますね。ところで、上記でも触れている、ガラスの材料の純炭酸ソーダって?。中国語では「純鹸」となっています。「純鹸」ってなに?調べてみました。業界ではソーダ灰というらしいです。英語でSODA ASHです。どういうものかというと、日本ソーダ工業会のサイトから

4. ソーダ灰   Na2CO3

 ソーダ灰(一般名としての呼び名)は、炭酸ナトリウムまたは炭酸ソーダといわれるアルカリ性化学物質のことです。(略)

 ソーダ灰は、その半分以上が板ガラスや様々なガラス製品などガラスの製造原料として使用され、ケイ砂や石灰石と同様に、ガラスの主原料となっています。
 また、ソーダ灰は、ケイ酸ソーダ、重クロム酸ソーダ等の無機薬品や油脂製品などを製造するのに使われています。
 さらに、これら中間製品が顔料、医薬、合成洗剤、接着剤、土壌強化剤、皮革、めっき用などに使われるため、ソーダ灰は、か性ソーダ同様、様々な産業活動と幅広く結びつき、私達の身近な製品の製造に深く関わっています。

確かニュースによれば浙江玻璃の工場は青海省に建設したはずです。ここは主要な鉱物資源がいっぱいある地域です。先日、青蔵鉄道が開通したとのニュースがあったばかり、チベット(青海省もチベット圏なのですが)にも鉱物資源が眠っていますから地の利は抜群といったところでしょうか。

Continue reading "浙江玻璃が製造するソーダ灰ってなに?"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

15/10/2005

ソロス、海南航空を再編成

海南航空がナゼ騰がってるんだろう?と書いたところ、たのさんからコメントをいただきました。下記のようなニュースがでているようです。

10/14  [企業] 海南航空、ソロス氏が2500万米ドルで株式買い増しか

  • ジョージ・ソロス氏が、2500万米ドルで海南航空(900945)の株式買い増しを検討している。
  • 非流通株改革が進む中、現在の筆頭株主としての支配権を維持するための措置か。

これはトランスリンクの記事なのです。

ソースにあたろうと、HAINANとSOROSでぐぐったところ上海日報に記事を発見。英語です。苦手なのに・・。(文末に転載しておきます)それによれば

  • 15日にソロスは契約書にサインする!!(どこかに速報でてないのかなあ?できれば日本語で。)
  • 子会社の新華航空・長安航空・山西航空を合併させて再編成する???

トランスリンクの記事の「筆頭株主としての支配権の維持」とは、まったくニュアンスが違う記事です。資金はエアラインを再編成して新ブランドを構築するのに使われると書かれてますね

新しくなった海南航空はエアバスではなく、やはりボーイング社の飛行機を追加購入すると思うのです。ソロスの後ろに米国財界がいないのかなあ?と考えてみたのですが、この辺はわかりませんね。

上海日報の英語の記事↓

Continue reading "ソロス、海南航空を再編成"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

楽天のTBS買収について・・毒丸はどうなる

ライブドアのニッポン放送買収問題の時。コメンテーターやテレビでの時事評論家のコメントぶりは酷かった。事実誤認と初歩的な間違いだらけ。株式投資はまだマイナーなんだなあとつくづく思ったものです。

あれから、買収や株式投資についてテレビ(ワイドショーなど)でよくとりあげられるようにはなったけれど。。経済評論家?は必ずしも株式に対して詳しい必要もない・・いや必要だろうね・・・とにかくきちんと資料を調べていないんだなあと再認識することが。

そう、今回のTBS敵対買収防衛策について、こんな解説をしていた。

TBSの株価が上がってしまったので、第3者割当増資をしても、充分な株数にならず、敵対的買収防衛策(ポイズンピル)の効果がない。(読売テレビにでてた人)

TBSの株価が当初行使価格の4000円に近づいたので日興プリンシパルは引き受けの旨みがなくなった。(フジテレビにでてた人)

うーむ。・・・・・2番目のは特に意味わからん・・・・・・・・・・・。いや、私が理解していないのかな?自信がなくなってきました・・・・。

Continue reading "楽天のTBS買収について・・毒丸はどうなる"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

14/10/2005

疑問 海南航空

どうして、海南航空だけ騰がってるんだろう?この下げ相場の中、なんと本日は+7.97%です。海南航空といえば、7月末の人民元切り上げのときに爆騰したのが記憶に新しいのですが。

5日間のチャートをつけておきます。

air900945.SS 海南航空 200152.SZ 山東航空 0670.HK 中国東方航空 0753.HK 中国国際航空

| | Comments (2) | TrackBack (0)

13/10/2005

個人向けの投資アドバイスをチャートに基づいて行うようなアドバイザーは人間のクズだ。

山崎元氏の「お金を増やす本当の常識」を読む。といっても熟読したわけではないけど、山崎氏の書いたモノは結構好きで「週刊ダイヤモンド」やメールマガジンのJMM。最近では楽天証券の「本音の投資教室」なんかを愛読している。で、最近でた文庫本が「お金を増やす本当の常識」なのです。私はあちこちのコラムの愛読者なので、文庫の内容は目新しくはないですが、タイトルにも引用したとおり

「テクニカル分析を研究する人がいても構わないが、これを投資初心者に教えることは有害だし、まして、マネー誌などで個人向けの投資アドバイスをチャートに基づいて行うようなアドバイザーは人間のクズだ。」

いやあ、気持ちいいですね(笑)。こう、はっきり書かれると。ますますファンになりました。株式投資の座右の書にします。

他には

(売りのルールを)「あらかじめ決めておく」というやり方は合理的ではありません

またドルコスト平均法に関しては

売買を分割するのは 意味のない気休めでしかない

一般人には気休めも大事なんだよなあ・・・・。とは思うのだけど。とにかく合理的でないということですね。

株をはじめようとする初心者は必読ですね。マネー雑誌ではここまではっきり書けないでしょうしね。次のページでチャート分析やドルコスト平均法の効用を説いていることが多いですから。さすがに「人間のクズ」とは書けないでしょう。

オンライン書店ビーケーワン:お金をふやす本当の常識運用の世界ではプロが必ずしも立派ではない。(P174より)

| | Comments (0) | TrackBack (3)

12/10/2005

香港ディズニー効果はどうだったのか

中国本土の国慶節の連休(黄金週間)が終わりましたが、香港はメリットを受けたのだろうか。

ディズニー効果は今ひとつ 連休中、本土客の香港旅行

大型連休に香港を訪れた中国本土客は44万人。42万人だった前年同期を上回ったが、9月の香港ディズニーランド開園を受け地元旅行業界が予測した70万人や、香港政府が見込んだ50万人を大きく下回った。

香港の小売株は全然だったようです。MOISELLE(0130.HK )のこのニュース。

《黄金周-衣履篇》慕詩:黄金周逐漸淡化,期內收入較去年持平

去年の連休中の営業額は大幅に伸びたが、今年は去年と変わらない。小売業は困難な事態に直面している。香港ディズニーランド効果を上乗せされてテナント料が上がってるからだ。合理的な価格でないと困る。

というようなことを言っております。(かなり適当な要約ですので原文をあたってください。)

そこで、今日のニュース。香港政府も速やかに手をうった?

Continue reading "香港ディズニー効果はどうだったのか"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

11/10/2005

残高不足で・・記録される・・

やってしまいました。残高不足。1000円くらい足りなかった。カードはCITI BANKです。引きおとし口座もCITI BANKの口座。(追証じゃないですよお)

今日のお昼に気がつけば間に合ったのに、気がついたのは午後6時過ぎでした。カスタマーサービスに電話すると

再度引き落としを掛けますが、引き落としを確認するまで、カードは停止されます。記録に残りますのでご了承ください。

みたいなこと。記録(ブラックリスト?)に残るのね・・・・。

実は、一昨年も残高不足でカードが停止されてしまい、しかも、そのときは海外旅行中で、すっかり戸惑ったことがありました。他にもカードは持っていってたんで別にいいのだけど。そのときは使えなくなったのはナゼだか理由がわからなくて気持ちが悪かったです。どこかでスキャンされて不正利用????と思いましたから。

ところで、ナゼ残高不足になったか。お金がなかったわけではない。

Continue reading "残高不足で・・記録される・・"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

09/10/2005

マカオとカジノについて考える

マカオのカジノについて調べていますが一向に進みません。マカオのカジノが発展していくのは確かなようです。

カジノ関連の日本株といえば、アルゼ(6425)、コナミ(9766)、そして私が保有している日本金銭機械(6418)も関連銘柄です。

アルゼはマカオに進出したウイン社と組んでカジノ機器製造とカジノホテルの運営に乗り出しています。マカオのカジノ発展の恩恵は受けるのでしょうか?(ウイン社の施設の中国語名は永利度假村、英語名はWYNN RESORT HOTELです。ラスベガスでは有名なようです。ティッカーはWYNN。)

コナミとはいえばコナミのサイトのIRにこんなQ&Aが。http://www.konami.co.jp/ja/ir/qa/casino.html

Q:
カジノ事業について、最近マカオのカジノ市場が急成長しているとのことですが、コナミはマカオ向けにカジノ機器の販売を行っているのでしょうか。

A:
コナミは世界最大のカジノ市場である北米市場と第2位の豪州市場を中心にカジノ機器の販売を行っています。
最近、マカオのカジノ市場が伸びているという報道がなされておりますが、マカオのカジノ市場はテーブルゲームの売上が中心であり、スロットマシンやビデオポーカー機等のカジノ機器の設置は多くありません。
カジノは世界的に見て規制緩和の流れにあり、グローバルで市場規模が拡大しています。現在は最大市場である北米市場に経営資源を集中させることにより、北米市場でのシェア獲得を最重要戦略としておりますが、将来的にはカジノ機器設置台数の増加が見込まれる他の地域への販売も検討してまいります。

これからスロットは延びると思うよ。ところで、日本金銭機械。9月1日にこんな記事がでていた。

日金銭が3日続伸続、カジノ復興向け特需を材料視

被害の出たミシシッピ州やルイジアナ州などはカジノが多い地域。かなりの被害が発生している。カジノ復興に際して、同社の紙幣識別機など娯楽向け機器に特需が発生するとの見方

現在、株価は下がってますが、明日はこの記事に反応するだろうか?

米ニューオーリンズ市長、復興へ「大規模カジノ」構想という10月9日の記事。カトリーナ被害からの復興のために、ラスベガスのようなカジノをニューオーリンズにという構想。

さて、香港株。アルゼ関連でウイン社の話をだしたのだけど。現在、マカオのカジノの経営権は3社に分割されてます。3社とはウイン社とスタンレー・ホー氏系列とギャラクシー(銀河)社。

この少々古い記事から。「マカオのカジノの賭博権利について、昨年(2001年)から3社に分割される事が検討されていたが、この度、その3社が最終的に決定した。」という内容。

3社とは

Continue reading "マカオとカジノについて考える"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/10/2005

日本株と中国株の素材関連

週末のユナイテッドワールド証券のトップに亜州IRの記事があがっていた。

(速報)好調地合い継いで続伸か、ハンセン指数は年初来高値めざす
2005/09/30(金) 08:34 

昨日急騰した理由

  • 現在進行中の本土市場改革について、当初排除されていたH株とB株の株主も参画できると報じられた
  • 鉄鋼、アルミ、セメントなど中国の素材セクターについて、外資大手ブローカー(UBS)が「不動産建設が7月以降に再び活況となっているため、全般の需給が引き締まる」との見通しを示した
  • 日本株の急騰による連想買いで、東アジア市場への資金シフトが加速した

とくに3っつめの日本株の急騰による連想買いで・・・。にハッとした。やられた。という感じ。

つまり。私の連想買いは・・・・・先週に日本の住友金属や新日鉄が暴騰、日産・トヨタも上昇するのをみて、

「日本を代表する大型株はまだまだあがるのかもしれないけど、そろそろ、2番手銘柄や出遅れ銘柄に向かうのではないか?」

と思って、結局、ミクニ(29日)やUEX(30日)なんかを買ってみたわけです。すべて成行注文で買い。強気です。金曜に下がったけど・・。

しかし、なぜ、中国株の素材に目を向けなかったのだろうか・・・・。

外国人が買うということならADR銘柄だろう。となると この三銘柄。銘柄名の後ろの括弧内のはティッカーコードです。

Continue reading "日本株と中国株の素材関連"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/10/2005

蜂業の宝くじ業務は没有だった

昨日、今日と連続で蜂業集団(8156.hk)が宝くじ業務参入が取り消しとなったニュースが各社からでた。

中國蜂業(8156)撤銷收購內地彩票交易,並終止先舊後新配股
9月 30日 星期五 11:36 更新

蜂業棄購彩票業務   10月 1日 星期六 03:00 更新

港交所追究蜂業流料 10月 1日 星期六 03:00 更新

長文ばかりで、私の解読能力を超えているのだけど、とにかく宝くじ業務はナシになったということ。新株発行による資金調達もなし。(このあたりの具体的な事後処理のことが、よく読み取れないのですけど。)会社には重大な影響を与えないとの発表。

しかも、香港取引所は虚偽の報告で株価をつり上げたんだから処分(罰金・逮捕)もある、みたいな感じで、引き続き、売買停止措置が続くらしい。ホルダーとしてはどうしたもんだろうね。ま、どうしようもないけど。

その他に6月末までの年間の業績発表も行っていて。利益は前年比9.21%上昇。EPSは6.57セント。配当は1.5セントでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« tháng chín 2005 | Main | tháng mười một 2005 »