« 株投資家への100の質問に答える | Main | 蜂業集団の株は希薄化するのか+追加増資だよん »

15/08/2005

蜂業集団は徳隆集団化するのか?

中国株の中国蜂業集団を一応整理しておきます。

2004年2月の大福証券のレポート・・・・

(・・・・大福証券のコンテンツに蜂林(当時の社名)の公司研究報告のPDFファイルが。)

そのレポートによれば

1 取り扱い品を増やしリスク分散。

2 分鎖店(支店網でしょうか?)を展開する。

この2本立て戦略ですすむ。ということでした。なるほどお、と思ったものでした。

今年の蜂業関連のニュースに目を通してみると

2月 医薬品の会社の問博アプタス(8212)に資本参加。

 これはまあ、妥当な路線に思えます。

3月 社名を蜂林(B&B NATUAL)から蜂業(B&B GROUP)に変更。

 前のエントリーでも書いたけど路線変更?

6月 アプタスが華油中匯能源發展の買収を発表。資金は、現金500万元+新株を発行で2000万元、合計2500万元。間接的に新疆油田の開発採掘権の80%の権益を持つことになる。

8月 蜂業が宝くじ業務の権益を持つ投資会社を買収。

つまり、蜂業は宝くじだけはなく、油田にも手をだしているのか・・・・。多角経営つまりはコングロマリットへと突き進むんでしょうか。しかし、医薬品から油田にいくってどうなの、アプタス。株価はあがったけど。

中国で多角経営で失敗した企業としてはやはり徳隆集団が思い浮かぶのですがね。

徳隆集団はもともと新疆出身の4兄弟ではじめた民間企業です。銀行融資と証券投資の利益で、様々な事業を買収して、いってみればチャイナドリームを体現。(有名なところではヘインツと組んでトマトケチャップでヨーロッパ市場へ。あと電動工具とか・・・。)仕手グループだったと言う人もいるようだけど。毀誉褒貶というやつでしょうか。

昨年、金融引締めをきっかけにグループ企業の株価が暴落。時価総額200億元超がふっとんだらしい。政府も大きすぎて潰すに潰せないと問題になったんでした。地盤の新疆は民族問題もあり、センシティブな地域ですしね。

結果、政府系の機関が破たん処理したかと。(記憶に寄れば)

そうそう、徳隆集団は、蜂業と提携の噂もあったんでした。(前記の大福証券の公司研究レポートより)私も、そのあたりで徳隆の名前を知ったわけですけど。

またしても、だらだらした、いいかげんなエントリーになってしまった・・・。

 お願い 勘違いがあれば指摘してください。YAHOO香港のを流し読みしてるので。記事中の「元」は人民元ではなく香港ドルです。また適宜、文章を校正しています。

|

« 株投資家への100の質問に答える | Main | 蜂業集団の株は希薄化するのか+追加増資だよん »

中国株」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44165/44741719

Listed below are links to weblogs that reference 蜂業集団は徳隆集団化するのか?:

« 株投資家への100の質問に答える | Main | 蜂業集団の株は希薄化するのか+追加増資だよん »