« 香港ディズニーランドと連休効果 | Main | 香港は景気が悪いと香港人は言った »

30/08/2005

中国株のアノマリー?

一つ前のエントリーで香港中旅が9月から12月にかけて、毎年騰がる傾向、などと書きました。思い出しました。中国株のアノマリー。(アノマリーとは)戸松さんの本にも香港株の傾向としてこのことが書いてありましたね。2002年10月にでた「10万円から本気で増やす 中国株 特選50銘柄」という黄色の本です。この本の「はじめに」という序文に書いてあるんですよね。

ものごとには何事にもコツがあります。たとえば、香港市場の特性を利用した売買のコツとしては、例年1~2月の旧正月前、年内にすべての借金を清算しようという、統計には表れない香港人の慣習から、借金返済の費用を捻出するために売りが増えます。一方、これから旧正月の長い休みにはいるので、買い手は減ります。つまり、旧正月の前、株価は下がるわけです。旧正月明けから6月にかけて、配当を狙った資金が流入するために、上昇相場が始まります。その後、配当がでると、配当狙いの資金が流出して、再び夏場に安くなり、秋から年末にかけて、クリスマス需要を見越した上昇相場がまた始まるというわけです。

 

結構有名な動きなのにすっかり失念してました。SARSの影響で2003年はあまりあてはまらなかったかと思いますね。hikaku 私の保有株でなんとなくアノマリーが見えるものと、香港中旅(0308)とを比較したグラフ。

0525はGUANGSHEN RAIL-広深鉄路。

0548はSHENZHENEXPRESS-深セン高速。

このアノマリー。外国人投資家に知られてきていたということもあるでしょうし。また、香港人の慣習が原因であったのなら、香港人以外の資金が増えてきたこと。などもあり、やはりこの傾向が今年もみられるのかどうか・・。

ところで、香港人が好む銘柄とはなんでしょう?これも、気になりますね。

|

« 香港ディズニーランドと連休効果 | Main | 香港は景気が悪いと香港人は言った »

中国株」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44165/44741751

Listed below are links to weblogs that reference 中国株のアノマリー?:

« 香港ディズニーランドと連休効果 | Main | 香港は景気が悪いと香港人は言った »