« イエン 2 | Main | トンネルにこもれ »

25/11/2004

イエン 3

イエンのことを書こうと思いながらも、やはり、話はあちこちに飛ぶ。記憶というのはそういうものだ。当時の私は日曜日の夕方になると、PHUONG OAINという観光地沿いのレストランで食事をとることが多かった。そこでチャームック(イカのてんぷら)でもつまみながらビールを飲んでいると、出勤する彼女たちをみかける。イエンも私の目の前を幾度も通り過ぎていっただろう。左に5分もいくと彼女たちが借りてる部屋があったはずだから。地元の店でうだうだしている私に彼女たちが声をかけていくことはない。足早に通り過ぎていく。彼女たちは水商売のヨソ者ということでちょっと下に見られている。住む世界が違うのだ。なかなか地域社会は複雑だ。とくにこんな田舎では。

PHUONG OAINには英語が達者な店員がいて、よく無駄話をした。私は英語が苦手だったが、彼女のほうにコミニケーション能力があるのだろう、ベトナム語と英語と日本語を交えながらも退屈はしなかった。彼女は胸にTIGER BEERと書かれた黄色いポロシャツをよく着ていた。そこはTIGER BEERの特約店だったからポロシャツはキャンペーンの販促品。だから、ほかの店員はティガーと彼女のことを呼んでいた。(当時のベトナム人は英単語をベトナム風の読み方をしていたりと、かなりいい加減だった。SONYをソリーと呼ぶのもいた。今では商標を変な読み方をするベトナム人はいない。TVCMをみるようになったからと思う。)
ティガーとバイクで2人乗りして丘の上のデンマーク人の家に遊びに行ったこともあった。デンマーク人はどっかの企業の駐在員だった。いつも一人でいることが多い私と引き合わせれば外国人通し仲良くするかと思ったのか、デンマークおじさんの家に女性一人で遊びに行くのが危険と思って私も連れていったのかは不明なんだけど。とにかく、そういうこともあったのだ。デンマーク人の家から見る海はほんとに見晴らしがよくてきれいだった。
ティガーは、デンマーク人ではなくフランス人のおじさんと結婚してフランスに行ってしまったので今は店にはいない。あの頃、フランスに行くための手続きと書類が揃うのを随分待っていたものらしい。

(そうそう、ティガーというあだ名だが、ベトナムでは虎は恐妻の例えでもあるようでやっかみの入り交じった悪口でもあったにちがいない。女というものは・・・・。)


ティガーがいなくなって、イエンもいなくなったころ。PHUONG OAINはTIGER BEERの特約店をやめてハリダビールの店になっていた。私は、やはり、いつものようにビールを飲んでいた。近くのテーブルに外国人と一緒に鶏の丸揚げ(たぶんチキングリルとかいうメニューだ)を食べているベトナム女性を見つけた。知っている顔だ。リンだ。ディスコフロアで踊っているメンバーの一人。私の顔を見ても澄まして鶏を食べていた。もちろん鶏は田舎の結婚式には必ずでる定番の大御馳走だが、ここは海産物が売り物のレストラン。リンにとっては考え得る一番の贅沢だったのか。ちょっと考えすぎだろうか。もくもくと鶏をたいらげるリン。礼儀として私も他人の振りをした。まず、彼女が外国に嫁入りすることはないだろうけど。

|

« イエン 2 | Main | トンネルにこもれ »

ベトナム関連」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44165/2066178

Listed below are links to weblogs that reference イエン 3:

« イエン 2 | Main | トンネルにこもれ »