« そして人生は続く | Main | イエン 1 »

06/11/2004

最近のよく眠れた映画が2本

一つ前のエントリーで、観た映画を覚えてない。老化現象かなあ。みたいなことを書いたんだけど。もしかして寝ていたかも?そうそう。最近見た映画で、気持ちよく寝れたのは

侯孝賢の「珈琲時光」。東京の風景を描写する光線の具合が心地よい。電車に乗ってるシーン多いですから、電車の音って眠りやすいのかも。田舎の墓参りだったかのシーンで急に明るくなって、ちょっと目が覚めてしまいました。だめじゃん。侯孝賢。

もうひとつお奨めは「らくだの涙」。これは、ほんと気持ちよくうとうとできました。お奨めです。舞台はモンゴル。子育てがイヤになった母らくだに音楽を聴かせるために・・・。という話で。実際にある音楽療法のドキュメンタリーらしいけど。ストーリーをほとんど追わなくていいのがいいですね。うとうとしながら見ていて、モンゴルの音楽を聴いて、スクリーンでは母ラクダが母性にめざめて、めでたしめでたし。

|

« そして人生は続く | Main | イエン 1 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44165/1884667

Listed below are links to weblogs that reference 最近のよく眠れた映画が2本:

« そして人生は続く | Main | イエン 1 »