« いつわりは真実を生むためのつわり | Main | カタカタカタ カタカタカタカタ »

11/10/2004

ヤドカニ売りの憂鬱

車上ホームレスのK氏の商売はヤドカニ売りだった。巻き貝に住んでいる十脚目のあの生物は彼の頭の中では「宿借り」ではなく「宿蟹」らしいのだ。生活道具一式は住まいにしているワゴン車に収納されている。もちろん長靴とバケツも。麦わら帽子に長靴を履き、手にはバケツ。磯に行ってヤドカリを探す。モトイ。ヤドカニを探すのだ。ヤドカニを集めると、釣り人に餌として売り、糊口を凌ぐ。いつだったか。去年か一昨年か。いきなりスラックスに革靴姿で現れたことがある。ヤドカニの売れ行きが好調な年で小遣いも豊富。田舎の喫茶店を改装したようなスナックに入り浸りであったという。ヤドカニバブル。K氏はすっかりスナックのママに入れ込んでいたというが。どんな商売でも一度はバブルがあるものだ。

今年は台風が多い。しかも週末にかかることが多いので商売はあがったりだろう。


「ヤドカニあります 海をきでいにしましょう」

ヤドカニ売りの看板が雨に濡れている。
K氏が気をきかせて書いた標語の字が間違ってる。

件のスナックは潰れてもうない。(ママが男と逃げた)

|

« いつわりは真実を生むためのつわり | Main | カタカタカタ カタカタカタカタ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44165/1653874

Listed below are links to weblogs that reference ヤドカニ売りの憂鬱:

« いつわりは真実を生むためのつわり | Main | カタカタカタ カタカタカタカタ »