« 東洋的古代 | Main | ヤドカニ売りの憂鬱 »

11/10/2004

いつわりは真実を生むためのつわり

久しぶりに野田秀樹の演劇をみた。夢の遊民社の頃はよく見たのだけど。チケットを取るのが面倒になったせいもある。「赤鬼」は何度も上演しているようだが今回はじめて。「4人しかでてこないという野田の演出」もはじめてなので興味深かった。一人何役もの演じわけは前半はちょっとのれない。なんか観ている私とリズムがあわない感覚。初見でなかったら。または、もっと前でみたらのれたか。水銀役の大倉孝ニが台詞を数度かむ。大倉孝ニのテンションがちょっと低い?他の役者のテンションとちょっとバランスを欠いていた?「偽りは、真実を生むためのつわりだ」という台詞がもっと響いてきてもいいのだけれど、「偽り」のドライブ感が弱くて「つわり」も弱かったということか。小西真奈美が良かったです。

もう一度、千秋楽あたりに観たいと思った。他のバージョンも観たくなった。

*新宿の金券ショップで、この公演のチケットを、結構みかけた。売値はすべて定価以上でプレミアムが付いている。人気のほどが伺える。

赤鬼 日本バージョン
10月3日 19:00 シアターコクーン 席 BR 9(舞台袖の野田が間近にみれた。)

|

« 東洋的古代 | Main | ヤドカニ売りの憂鬱 »

演劇」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference いつわりは真実を生むためのつわり:

» 「赤鬼」日本バージョン [りゃまのお芝居レビュー]
いやぁ、見てきましたよ。「赤鬼」日本バージョン。 もう楽しみで楽しみでたまらなか [Read More]

Tracked on 15/10/2004 18:46

« 東洋的古代 | Main | ヤドカニ売りの憂鬱 »