« カタカタカタ カタカタカタカタ | Main | 国境を越えるバスはとても魅力的なのだ »

19/10/2004

映画のシーンが目に浮かぶ

LOVERSの小説版。たいてい映画のノベラゼーション本というのはあっという間に品切れ絶版となってしまうので、古本屋で見つけて、とりあえず買った。常に映画のノベラゼーションは新刊では買うほどは期待できないという微妙な位置づけだし。でも「LOVERS」小説版はひろいものでした。

小説版は劉(アンディ・ラウが演じた)が、昔の出来事を回想するという構成です。すべて劉の「思い出」なのであのチャン・イーモウ映画の「美しい映像」も必然性はありだったのか。などと思い。

私の記憶はまちがっていない。
あの雪が降るはずのない季節に、確かに大雪が降ったのだ。とても静かに、音もなく、たちまちのうちに世界は銀白色となった。純潔な夢境のようだった。羽のような雪の花が、ひっきりなしに満点から舞い落ちた。(LOVERS リー・フェン著)

やはり映画のシーンが目に浮かびます。

時代は唐代ですが。補頭(警察) VS 飛刀門(反政府組織)で、けっこうノワールな味がありますね。補頭の劉(アンディ・ラウの役)が、どんどん嫉妬によっておかしくなっていき、破滅に進んでいく。主人公の劉が・・・主人公は劉なのです・・・語っていく内に少しづつ、様々な謎が明らかになっていくという構成ですけど、一人称の語りときたら、ミステリ読みなら叙述ミステリだなと考えます。なかなか、凝った武侠小説。

映画との違いは・・・・・・少々ネタバレ・・・・・・

様々な謎。
1.飛刀門の前幇主を罠にかけて殺したのは誰か?(映画ではカットされている。)
2.前幇主の娘は誰か?(映画では・・・・・)
3.飛刀殺の奥義の行方(映画ではカットされているが、伏線のワンシーンだけ残っている。小説版でもあまり重要視されてないけど。)

*.映画では劉と小妹が昔の恋人同士という話だったが、小説では劉は小妹に恋をしているが、小妹は組織(飛刀門)の命令で劉を操るために恋人として振る舞っていた。ということになっている。映画では小妹(チャン・ツィー)が小金(金城武)に心変わりしたようで不自然だったので、かなり、すっきりしましたね。

映画はあまりノレなかったという小丸さんのところにトラックバックしてます。ちょっと小丸 LOVERS<謀> 

|

« カタカタカタ カタカタカタカタ | Main | 国境を越えるバスはとても魅力的なのだ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44165/1722009

Listed below are links to weblogs that reference 映画のシーンが目に浮かぶ:

« カタカタカタ カタカタカタカタ | Main | 国境を越えるバスはとても魅力的なのだ »