« 曖昧な世界を曖昧なままで | Main | ワイシャツの値段と宿泊費 »

15/09/2004

石灰と網とごーへー

「刃物はイシバイ(石灰水)に浸けておくといいよ」もう、何十年も前だろうか、バイトにきていた漁師のYおじさんが、子供の私に教えてくれた。。森博嗣の「臨機応答・変問自在」を読んでいたらそれを思い出した。

Q 私の家の近くの建設途中のRC造のマンションは、鉄筋がところどころ赤く錆びていたと思うのですが、その鉄筋をそのまま使って大丈夫ですか?少しの錆は許容しても良いのですか?
★ 建前としては、錆びていては駄目だが、実際は少々錆びていても大丈夫。コンクリートのアルカリ中で錆は消えるともいわれている。「臨機応答・変問自在」 森博嗣

なるほど、石灰水はアルカリだから刃物を浸けておくと錆びないということなのか。化学的裏付けがあったとは気が付かなかった。漁師のYおじさんがそのことを知っていたかどうかは不明である。(今は、刃物を石灰水に浸けておく錆止め方ってどうなんだろう。ネット上で探したけれど実例はみつからなかった。そうそう、「サビん象」という名前の錆び止めの溶剤もあった。うーん。このべたなネーミングはどうだ・・・・。漁師は使ってないと思う。)

網からコワリ(生け簀)をつくる時に「数学の√2を教えてほしい。」と私に言っていたのもYおじさんである。網の目は伸びる(変形する)ので材料の網の準備とできあがりの深さを計算するのに三平方の定理でも使うのだろう。さて漁師がよく使う言葉に「ごーへー」という言葉がある。ご存じの通り、「GO AHEAD」という英語がなまったモノなのだけど、この言葉を聞くと、つい綴りを頭の中で確認する私である。

なんかほとんど森博嗣関係ないなあ。

臨機応答・変問自在(集英社新書 0088)
森博嗣著

*森博嗣の新刊「Φは壊れたね」を購入。西之園萌がまた登場するようだ。未だ読んでません。

*9/17日に加筆しタイトルを変更しました。

|

« 曖昧な世界を曖昧なままで | Main | ワイシャツの値段と宿泊費 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44165/1439870

Listed below are links to weblogs that reference 石灰と網とごーへー:

« 曖昧な世界を曖昧なままで | Main | ワイシャツの値段と宿泊費 »