« 重慶といえばションヤンの酒店 | Main | 赤鬼のチケットを紛失 2 »

03/08/2004

赤鬼のチケットを紛失 1

e+で購入した「赤鬼」のチケットがどっかにいってしまいました。その顛末。

えっ!赤鬼取れたの!!!!
日本バージョンなら、喉から手が出るほど欲しい。

と演劇好きの友人がメールをくれた。その赤鬼・日本バージョン。取れたのには違いないが、まだ手元に届いてなかったのです。遅いなあ。購入元のe+にメール。
お問合せの件ですが、お調べいたしましたところ、上記公演のチケットは、7月*日にご登録住所へ配達完了となっておりました。恐れ入りますが、ご家族のどなたかがお受取りになっておられないか、今一度ご確認くださいますでしょうか。
その日、私はちょうど出かけていた。家族に聞いても知らないという。
どなたも受取られていないということでございましたら、お手数ではございますが、下記のヤマト運輸担当営業所まで直接お問合せをお願いいたします。
伝票番号も書いてあったのでヤマトに電話してしらべてもらう。
7月*日にお届けしました。受取人の署名は**になっております。
親父の署名だ。これは・・・。チケットが入った封書はセキュリティパッケージ・VIPとマークされて、投函厳禁・完全判取とある。つまり郵便の書留と同じなのだけど、親父は郵便局の書留は大事にするがメール便はすべてDMだと思っているふしがある。(カタログ系が多いのは確かだけど)みずからサインまでしておきながらぞんざいな扱いをしたにちがいない。どこかに適当においたのだ。親父の行動範囲をくまなく探すがみつからない・・・。

と、ここまでが8月3日のできごと。続く。

|

« 重慶といえばションヤンの酒店 | Main | 赤鬼のチケットを紛失 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/44165/1118687

Listed below are links to weblogs that reference 赤鬼のチケットを紛失 1:

« 重慶といえばションヤンの酒店 | Main | 赤鬼のチケットを紛失 2 »